3Dプリンターでつくられたステーキが登場…

投稿者: | 2022-11-19
ロイター通信の動画です

【参考記事】

https://brucewilds.blogspot.com/2022/11/yes-3d-printed-steaks-are-thing.html

当ブログの一部、及び全部を無断転載、再編集など行なうことはお控えください。 商用目的ではない個人ブログやYoutubeを含むSNS等での引用は、こちらのブログ元のリンク( https://sonaeru-san.com/ )を明記いただければ、問題ありません。

ブログ内でご紹介する内容は、病気の診断、治療、治癒、予防、あるいは生命の保護を保証するものではありません。 当方は医療従事者ではございません。製品等の選択、ご購入、ご使用に関しては、ご自身でご判断いただくか、かかりつけ医にご相談して頂きますよう、お願い申し上げます。

当記事は海外サイトからの引用が多く含まれます。出来る限りエビデンスが確認できる情報を掲載しておりますが、エビデンスを確認し切れない場合もございます。

最終的な情報の精査は、ご自身のご判断になりますことをご理解下さい。

(ーーここから記事の内容になります。文章を分かりやすくするため、一部割愛、要約、追記する場合があります。(注釈:)部分は私個人の意見です。ーー)

信じられないかもしれませんが、3Dプリントされた肉が、もうすぐあなたの近くの店にやってくるかもしれません。ロイター通信は、イスラエルのRedefine Meat社が、3Dプリンターで製造した「New Meat」ステーキカットの流通を促進するために、輸入業者のGiraudi Meats社とパートナーシップを結んだと報じている。

現時点では、ヨーロッパ市場をターゲットにするとのこと。
Redefine社は、植物由来のホールカット代替肉を、来年末までに数千のレストランに届けたいと考えている。同社の製品は、肉を模した、いわばフランクステーキで、大豆とエンドウ豆のタンパク質、ひよこ豆、ビートルート、栄養酵母、ココナッツ脂肪を混ぜ合わせたものだ。

このイスラエルの企業は、イスラエルの約150のレストランと提携している。彼らは、彼らが提供するホールカットは、代替肉製品の魅力を広げるだろうと言っている。これまでは、ハンバーガーやソーセージなど、牛のひき肉を使った料理がほとんどだった。


これは私たちが望むものでしょうか?


バークレイズ証券によれば、生産がより複雑な大型の代替肉の進化に伴い、企業は2029年までに1400億ドルに達する可能性のある需要に対応するための準備を進めている。これは世界の食肉市場の約10%に相当する。(注釈:広がるでしょうねえ…なんせ食肉がどんどん減らされてますし、脱炭素税とか言ってますし…)


「私たちは、生産能力を拡大しています。一回作るごとに、前のロットの5倍の大きさになります。だから、機械も、流れも、製品の属性も変えているんです」。Redefine MeatのCEO、Eshchar Ben-Shitrit氏はそう語った。

はっきり言って、”フェイクミート “の方向に進んでいるのは、Redefine Meat社だけではありません。

実際、この分野での競争は激化しており、カリフォルニアのBeyond Meat (BYND.O) やImpossible Foods、スペインのNovameat、そして牛の細胞から実験室で肉を培養する方法を開発しているイスラエルのAleph Farmsなどがプレーヤーとして名を連ねています。

牛肉はどこへ行った?

 もし、ヨーロッパがこの合成食品を拒否しなければ、まもなく我が国にも上陸することだろう。(注釈:そして日本にも上陸することになるだろう。。。)

多くのアメリカ人、そして世界中の人々にとって、これは牛が環境に害を与えていると考える気候変動活動家によって押し付けられた忌まわしいものと見なされる可能性が高い。


自然とは異なる方法で食料を生産しようとするこの動きは、人類がそのルーツからさらに離れ、奇妙で奇怪な未来に向かって進んでいることの証明とも言える。これは、私たちの祖先が、予想しなかった未来であることは確かです。

(ーーここまでが記事の内容ですーー)

では今日はこの辺で。

皆さんの健康が守られますように!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。