ホワイトハウスが議会に377億ドルの新たなウクライナ支援を要請。

投稿者: | 2022-11-16

※先週あたり、そろそろ政治的和解・停戦の兆しが出てきたかな?と思いましたが、そうでも無いみたいですね。

【参考記事】

当ブログの一部、及び全部を無断転載、再編集など行なうことはお控えください。 商用目的ではない個人ブログやYoutubeを含むSNS等での引用は、こちらのブログ元のリンク( https://sonaeru-san.com/ )を明記いただければ、問題ありません。

ブログ内でご紹介する内容は、病気の診断、治療、治癒、予防、あるいは生命の保護を保証するものではありません。 当方は医療従事者ではございません。製品等の選択、ご購入、ご使用に関しては、ご自身でご判断いただくか、かかりつけ医にご相談して頂きますよう、お願い申し上げます。

当記事は海外サイトからの引用が多く含まれます。出来る限りエビデンスが確認できる情報を掲載しておりますが、エビデンスを確認し切れない場合もございます。

最終的な情報の精査は、ご自身のご判断になりますことをご理解下さい。

(ーーここから記事の内容になります。文章を分かりやすくするため、一部割愛、要約、追記する場合があります。(注釈:)部分は私個人の意見です。ーー)

ホワイトハウスは火曜日、ロシアが侵攻するウクライナへの追加支援として377億ドルを承認するよう議会に要請した。これは政府の資金調達期限と下院が共和党に逆転する見込みの両方を前にした要請である。

バイデン政権は、ウクライナへの装備提供を継続し、国防総省の在庫を補充するために、217億ドルの防衛支援を議会に承認するよう要求している。また、ウクライナへの直接予算支援、重要な戦時投資、安全保障支援、世界の食糧安全保障の強化と人道支援に145億ドルを要求している。


さらに、6億2600万ドルをウクライナへの核安全保障支援と、国内のエネルギーコストを削減し、エネルギー資源への持続的アクセスを確保するための戦略的石油備蓄の近代化に充てる。さらに9億ドルは、ウクライナの人々のヘルスケアとサポートサービスの支援に使われる。

この新たな資金は、「ウクライナが自国を守るために必要な資金、武器、支援を確保するためのものだ」と、ある政権関係者が火曜日に要請をプレビューした際に記者団に語った。

これは、2月のロシアの本格的な侵攻以来、米国がウクライナに提供してきた約190億ドルの軍事援助に上乗せされることになる。

同高官は、議会が提供したウクライナへの資金の4分の3はすでに分散され、もともと年末までしか持たない予定だったと述べた。

一方、米国議会は12月16日までに、米国政府の閉鎖を回避するための新たな資金調達レベルに合意する必要がある。

「COVID-19の先を行く。ウクライナの主権を守るための戦いを支援する。自然災害の被害を受けた米国人を支援する。米国民は当然、指導者が一丸となってこれらの優先事項を実現することを期待しており、私は議会が今後数週間のうちに、包括的で超党派の合意の一部として、これらの事項に取り組むことを強く求めます。」と、管理予算局長のシャランダ・ヤングは火曜日にナンシー・ペロシ下院議長(カリフォルニア州選出)への書簡に書いた。

この予算要求は、モスクワがケルソン市から撤退した後、ロシアがウクライナの町や都市にミサイル攻撃を開始し、クレムリンの戦争努力に大きな打撃を与えたことを受けたものである。

共和党の議員の中には、来年から下院で共和党が多数を占めると予想されることから、ウクライナへの援助を精査し、反対することさえあると警告している者もいる。

国防総省は先週、最新の4億ドルの軍事支援パッケージの一部として、ウクライナに初めて戦車を送る資金を提供すると発表した。

ホワイトハウスは、ウクライナ支援のための資金増額に加え、COVID-19の対応策に92億5000万ドルを提供するよう議会に要請している。ホワイトハウスはまた、災害救援のための追加資金を要求する予定だが、詳細を検討し、見積もりを練っているところだと関係者は述べている。

(ーーここまでが記事の内容ですーー)

やはり、簡単には終戦しそうに無いな…と思いました。

それどころか、どんどん酷くなる気配です。

個人では何も出来ませんけれど、平和を祈りたいと思います。

では今日はこの辺で。

皆さんの健康が守られますように!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。