フロリダでは、ハリケーン「イアン」の後、「人食いバクテリア」による感染症が急増。

投稿者: | 2022-10-19
https://news.yahoo.com/florida-hurricane-ian-spike-in-flesh-eating-bacteria-infections-173943085.html ※画像お借りしました。

【参考記事】

https://news.yahoo.com/florida-hurricane-ian-spike-in-flesh-eating-bacteria-infections-173943085.html

https://www.cdc.gov/vibrio/wounds.html?ftag=YHF4eb9d17

https://www.mhlw.go.jp/topics/bukyoku/iyaku/syoku-anzen/qa/060531-1.html

当ブログの一部、及び全部を無断転載、再編集など行なうことはお控えください。 商用目的ではない個人ブログやYoutubeを含むSNS等での引用は、こちらのブログ元のリンク( https://sonaeru-san.com/ )を明記いただければ、問題ありません。

ブログ内でご紹介する内容は、病気の診断、治療、治癒、予防、あるいは生命の保護を保証するものではありません。 当方は医療従事者ではございません。製品等の選択、ご購入、ご使用に関しては、ご自身でご判断いただくか、かかりつけ医にご相談して頂きますよう、お願い申し上げます。

当記事は海外サイトからの引用が多く含まれます。出来る限りエビデンスが確認できる情報を掲載しておりますが、エビデンスを確認し切れない場合もございます。

最終的な情報の精査は、ご自身のご判断になりますことをご理解下さい。

(ーーここから記事の内容になります。文章を分かりやすくするため、一部割愛、要約、追記する場合があります。(注釈:)部分は私個人の意見です。ーー)

フロリダがハリケーン「イアン」から回復を続ける中、州保健当局は、洪水の水に含まれる致命的な可能性のある「壊死性筋膜炎」細菌(=ビブリオ・バルニフィカス)による感染症の急増を招いていると警告しています。

・どれくらいの感染者が出ているのでしょうか?
フロリダ州公衆衛生局によると、暖かく汽水域に生息する細菌の一種、ビブリオ・バルニフィカスによる感染症は今年過去最高の65件で、そのうちイアンがカテゴリー4の嵐として9月28日に上陸したリー郡では29件に上りました。イアンが上陸して以来、リー郡で記録された4人を含め、同州では今年、この細菌に関連した11人の死亡が確認されています。

ハリケーン「イアン」による汚水の流出は、バクテリアのレベルを上昇させる可能性があります」と、州保健局の警告しています。

・感染症はどのように発生するのでしょうか?
この感染症は通常、生や加熱が不十分なカキ等の貝類を食べることによって引き起こされますが、切り傷や開いた傷口から、細菌が体内に侵入することによっても発生する可能性があります。

ジャクソンビル大学で生物学と化学の教授を務めるアンソニー・ウエレット氏は、フォートマイヤーズ・ニュース・プレスの取材に対し「(汚染された食べ物を)食べるか、(汚染された水が)耳に入るか、傷口から血液に入るかのいずれかです」と語っています。

そして、ほとんどの場合は軽症ですが、ビブリオ・バルニフィカス感染者の多くは「集中治療や手足の切断を必要とする。」と、疾病対策予防センターが発表しています。

また、この感染症の約5人に1人が、時には発病から1~2日以内に死亡しています。

感染症の兆候や症状はどのようなものですか?
CDC によると、一般的な症状には「水様性下痢」が含まれ、多くの場合、胃痙攣、吐き気、嘔吐、悪寒、発熱を伴うとされています。

ビブリオ・バルニフィカスは、開いた傷口の周りの肉が死んでしまう重度の皮膚感染症である壊死性筋膜炎を引き起こすことがあり、そのため「肉食性」細菌と表現されています。しかし、壊死性筋膜炎は、1種類以上の細菌によって引き起こされることが多くあります。

 免疫力の低下や慢性肝疾患など基礎疾患を持つ人は、感染症にかかりやすく、重篤な合併症を引き起こす可能性が高いと保健当局は述べています。

それでも、ビブリオ・バルニフィカス感染症はまれなケースです。今年フロリダで確認された65例のうち、ほぼ半数は、ハリケーン・イアンによる洪水が原因となったものです。

フロリダ州保健局は、「ハリケーン『イアン』後の洪水や滞留水にさらされた結果、ビブリオ・バルニフィカス感染症の症例が異常に増加した」と発表しています。

どのように身を守ればよいのでしょうか?
保健省は、開放創、切り傷、擦り傷がある場合、特に免疫力が低下している場合は、水につからないようにすることを推奨しています。

“傷口を、(汚染された)水に晒さないように “と、保健省のウェブサイトには注意書きがあります。怪我してしまったばかりの切り傷や擦り傷がある場合は、水に入らないでください。

もし、水と接触した場合は、「すぐに石鹸ときれいな水かボトル入りの水で傷や切り傷を十分に洗浄してください」と同局は付け加えています。また、免疫不全の人は、”海岸の岩や貝殻による切り傷や怪我を防ぐために、適切な足の保護具を着用すること “とのことです。

(ーーここまでが記事の内容ですーー)

災害後の「水回り」の衛生状況は、感染症という二次災害を引き起こしやすいようですね。

私は、携帯浄水器「sawyer-mini-(ソーヤーミニ)」を、常々お勧めしていますが、これは飲料水を確保するだけでなく、万が一、ケガをした場合に綺麗な水で傷口を洗えるように、という意図もあります。

・携帯浄水器【sawyer】
「並行輸入品」
https://amzn.to/3oCDbUf
「日本正規品」
https://amzn.to/3cfoIbn

綺麗な水を手に入れることが出来るかどうかは死活問題なので、我が家には上記のSawyerミニが、5本あります。(内、1本は「ミニ」ではなく、レギュラーサイズ。)

気候変動により(あるいは気象操作かも知れませんが)、未曾有の水害が世界中で多発しています。日本でも、今後水害は多くなりそうなので、万が一、水害が発生してしまったとしても、その後、何に気を付けたら良いのかという事は、きちんと知っておく必要がありますね。

では今日はこの辺で。

皆さんの健康が守られますように!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。