スウェーデン、COVID-19 ワクチンの子供への推奨を中止。

投稿者: | 2022-10-03

【参考記事】

https://www.theepochtimes.com/sweden-stops-recommending-covid-19-vaccines-for-children_4769450.html

https://www.zerohedge.com/covid-19/sweden-stops-recommending-covid-19-vaccines-children

当ブログの一部、及び全部を無断転載、再編集など行なうことはお控えください。 商用目的ではない個人ブログやYoutubeを含むSNS等での引用は、こちらのブログ元のリンク( https://sonaeru-san.com/ )を明記いただければ、問題ありません。

ブログ内でご紹介する内容は、病気の診断、治療、治癒、予防、あるいは生命の保護を保証するものではありません。 当方は医療従事者ではございません。製品等の選択、ご購入、ご使用に関しては、ご自身でご判断いただくか、かかりつけ医にご相談して頂きますよう、お願い申し上げます。

当記事は海外サイトからの引用が多く含まれます。出来る限りエビデンスが確認できる情報を掲載しておりますが、エビデンスを確認し切れない場合もございます。

最終的な情報の精査は、ご自身のご判断になりますことをご理解下さい。

(ーーここから記事の内容になります。文章を分かりやすくするため、一部割愛、要約、追記する場合があります。(注釈:)部分は私個人の意見です。ーー)

スウェーデン公衆衛生局は、12歳から17歳までの健康な子供たちにCOVID-19ワクチンの接種を推奨することを中止しました。
当局が今週末に掲載した改訂版によると、12歳から17歳の健康な子どもたちにcovid19ワクチンを接種する一般的な推奨を、10月31日以降に終了。

この変更には、子供や10代の若者の「COVID-19による重篤な病気や死亡のリスクが非常に低い」ことが挙げられています。10月31日以降、ワクチン接種が推奨されるのは、脆弱な集団に属する特定の子供たちだけです。

スウェーデン保健機関の職員であるSoren Andersson氏は、放送局SVTに規則変更について詳しく説明し「パンデミックの間、子供や若者の間でCOVID-19の結果としてのケアの必要性が低かったことがわかります。」と述べ、ワクチンの必要性が “ウイルス変異体オミクロンの拡散が始まってから減少した “とも付け加えました。

「パンデミックのこの段階では、このグループには引き続きワクチン接種の必要性はないと考えられます。」とAnderssonは続けました。

18歳以上の人については、スウェーデン保健当局は依然として3回のワクチン接種を推奨しています。65歳以上の人には4回接種が推奨されています。

(注釈:やり方が幅広いな、と思います。)

他の多くの国とは異なり、スウェーデンはCOVID-19の厳格な封鎖(ロックダウン)を実施することを拒否しました。データと研究によると、高度に発達したスカンジナビア諸国は、これらの措置を実施した国々と比較して、ウイルスとロックダウンによる被害が少なかった可能性があることが分かっています。

AFP通信によると、パンデミック開始当初は比較的多くの死者が出ていたスウェーデンでは、現在、一人当たりの死者数がヨーロッパ平均より少なくなっています。

【デンマークがワクチンを変更】
近隣のデンマークでは、当局が同様の規則変更を発表し、50歳未満の人々にはCOVID-19ワクチンブースターは、提供しない、ということになりました。

ワクチン接種の目的はCOVID-19の感染を防ぐことではないので、50歳以下の人には現在ブースター接種を行わない」と、同国の保健機関は9月13日の声明で書いています。

デンマークはまた、COVID-19の蔓延を食い止めるという建前を明確に捨て、弱い立場の人を重い症状の発生から守ることに重点を置くと述べている。

(注釈:「建前」って、ねえ笑)

50歳以下の人は、このウイルスによって「一般的に特に重症化する危険性は高くない」ということで、同時に、若年層も「重症化から十分に保護されている」とし、「非常に多くの人がすでにワクチンを接種しており、以前に感染したことがある」と当局が述べています。

 なお、イギリス健康安全局は同時期に、8月末時点で、5歳になっていない子供にはワクチンを提供しないと発表しています。

(ーーここまでが記事の内容ですーー)

では今日はこの辺で。

皆さんの健康が守られますように!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。