アルゼンチン保健当局、肺炎による死亡はレジオネラ症との関連を指摘。

投稿者: | 2022-09-05
画像お借りしました。

【参考記事】

https://www.entornointeligente.com/legionnaires-disease-kills-fifth-person-in-argentina-2/

当ブログの一部、及び全部を無断転載、再編集など行なうことはお控えください。 商用目的ではない個人ブログやYoutubeを含むSNS等での引用は、こちらのブログ元のリンク( https://sonaeru-san.com/ )を明記いただければ、問題ありません。

ブログ内でご紹介する内容は、病気の診断、治療、治癒、予防、あるいは生命の保護を保証するものではありません。 当方は医療従事者ではございません。製品等の選択、ご購入、ご使用に関しては、ご自身でご判断いただくか、かかりつけ医にご相談して頂きますよう、お願い申し上げます。

当記事は海外サイトからの引用が多く含まれます。出来る限りエビデンスが確認できる情報を掲載しておりますが、エビデンスを確認し切れない場合もございます。

最終的な情報の精査は、ご自身のご判断になりますことをご理解下さい。

(ーーここから記事の内容になります。文章を分かりやすくするため、一部割愛、要約、追記する場合があります。(注釈:)部分は私個人の意見です。ーー)

 アルゼンチン保健当局は土曜日、北西部トゥクマン州の診療所に入院していた4人が、比較的まれな肺の細菌感染症であるレジオネラ症で死亡したことを明らかにした。

カルラ・ビゾッティ保健相は、高熱、体の痛み、呼吸困難に苦しんでいた4人の肺炎の根本原因がレジオネラ症であることが確認されたと記者団に語った。

死亡したのはすべて月曜日以降で、サン・ミゲル・デ・トゥクマン市にある一つの診療所で発生したものである。

最も新しいのは土曜日の朝で、基礎疾患を持つ48歳の男性であった。また、同クリニックで手術を受けた70歳の女性も犠牲となった。

州当局によると、他に7人の有症状者が確認されており、いずれも同じ施設で、ほぼ全員に診療所の職員が関与しているとのことです。

この7人のうち、「4人が入院中で、そのうち3人は呼吸器系の補助を受けており、症状は複雑ではなく、自宅監視下にある」と、土曜日に州のルイス・メディナ・ルイス保健相は語った。

この病気は、1976年に米国フィラデルフィアの退役軍人会の会合で初めて発生し、汚染された水や不衛生な空調システムとの関連が指摘されている。

トゥクマンで発生が確認されたとき、医師たちはCOVID-19、インフルエンザ、ハンタウイルスの検査を行ったが、すべて陰性であった。

そこで、ブエノスアイレスの名門マルブラン研究所にサンプルを送り、そこでの検査でレジオネラ菌と判定された。

ビゾッティ氏によると、当局はクリニックが患者やスタッフにとって安全であることを確認するために努力しているとのことである。

トゥクマン州医科大学のヘクター・セール学長は今週初め、この細菌感染症を「攻撃的」であると表現した。

しかし、通常、人から人への感染はなく、11人の感染者のうち、身近にいた人に症状が出た人はいないと付け加えた。

(ーーここまでが記事の内容です。ーー)

まあ「大感染症時代」に突入しましたのでね、これまでは命を落とすことも無かったような色んな病気が、致命的な病気になることもあり得る訳です。

でも、免疫が高ければ、何も起こりません。なので心配はしていませんっ!

では今日はこの辺で。

皆さんの健康が守られますように!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。