ポーランド:「大量の」化学廃棄物が河川に投棄された。

投稿者: | 2022-08-14

※どうやら、意図的な犯行である模様。

画像お借りしました。

【参考記事】

https://news.yahoo.com/poland-investigates-ecological-catastrophe-fish-102212123.html

当ブログの一部、及び全部を無断転載、再編集など行なうことはお控えください。 商用目的ではない個人ブログやYoutubeを含むSNS等での引用は、こちらのブログ元のリンク( https://sonaeru-san.com/ )を明記いただければ、問題ありません。

ブログ内でご紹介する内容は、病気の診断、治療、治癒、予防、あるいは生命の保護を保証するものではありません。 当方は医療従事者ではございません。製品等の選択、ご購入、ご使用に関しては、ご自身でご判断いただくか、かかりつけ医にご相談して頂きますよう、お願い申し上げます。

当記事は海外サイトからの引用が多く含まれます。出来る限りエビデンスが確認できる情報を掲載しておりますが、エビデンスを確認し切れない場合もございます。

最終的な情報の精査は、ご自身のご判断になりますことをご理解下さい。

(ーーここから記事の内容になります。文章を分かりやすくするため、一部割愛、要約、追記する場合があります。(注釈:)部分は私個人の意見です。ーー)


ポーランドの首相は金曜日、ドイツとの国境に沿って流れるオーデル川に「大量の化学廃棄物」が意図的に投棄された可能性があり、川が回復するのに何年もかかるほど深刻な環境破壊を引き起こしたと述べた。

 過去2週間、オーデル川の岸辺に何トンもの死んだ魚が浮いたり流れ着いたりしているのが目撃されていたが、この問題が大きなスキャンダルに発展したのは今週末のことである。

マテウシュ・モラヴィエツキ首相は、この環境破壊と思われる事件への対応に関して(国民から)圧力を受けており、ポーランド当局が犯人の責任を追及することを誓った。

「膨大な量の化学廃棄物が、その危険性と結果を十分認識した上でオーデル川に投棄されたのだろう…私たちはこの問題を見過ごすことはできない。罪人が厳罰に処せられるまで、私たちは休まない。」と、首相はフェイスブックのビデオで述べている。

ドイツのメディアは、毒物は水銀であると報じているが、正式には確認されていない。

魚の大量死の原因究明は現在進行中である。7月下旬、ポーランド南西部の町オラワの近くで、ビーバーなどの動物の死骸とともに、大量の魚の死骸が最初に発見された。

国の水管理当局であるポーリッシュ・ウォーターズのプレゼミスラフ・ダカ代表は、木曜日に、10トンの死んだ魚が川から取り除かれたと述べた。

「このことは、われわれが巨大で非道な生態学的大災害に対処していることを示している」とダカ氏は川近くで記者会見し、当局は怒れる住民に直面した。

一方、ドイツ政府は、ポーランドが川の汚染の可能性を直ちに知らせなかったことで、国際条約を守らなかったと不満を表明した。ある船の船長がドイツ当局に魚の死骸を知らせたのは8月9日のことであった。

ドイツ連邦環境省のスポークスマン、クリストファー・シュトルツェンベルク氏はベルリンで記者団に、「このようなケースで想定される報告の連鎖がうまくいかなかったことは分かっている」と述べた。

シュトルツェンベルク氏によると、ドイツ当局はポーランド側と連絡を取り、状況についてさらなる情報を入手し、要請されたあらゆる支援を提供するとのことだ。

 ポーランドはオーデル川の浄化を支援するため軍を派遣し、ポーランド西部の都市ジエロナ・ゴーラの漁師組合は金曜日、汚染のため同川での漁を中断すると発表した。

モラヴィエツキ氏によると、汚染の規模があまりにも大きいため、川の生態系が回復するまでには何年もかかるかもしれないとのことだ。

マリウシュ・ブラシュチャク国防大臣は、木曜日に、ドイツ語でオーデル川、ポーランド語とチェコ語でオドラ川と呼ばれるこの川の汚染物質を除去するために、兵士と予備兵を配備することを発表した。この川は、チェコのオーデル山地から北へ数百マイル流れ、バルト海に注いでいる。

(ーーここまでが記事の内容です。ーー)

では今日はこの辺で。

皆さんの健康が守られますように!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。