日本、5ヶ月ぶりに経常収支が赤字に…(というロイターの記事。)

投稿者: | 2022-08-08

【参考記事】

https://news.yahoo.com/japan-runs-first-current-account-004856626.html

当ブログの一部、及び全部を無断転載、再編集など行なうことはお控えください。 商用目的ではない個人ブログやYoutubeを含むSNS等での引用は、こちらのブログ元のリンク( https://sonaeru-san.com/ )を明記いただければ、問題ありません。

ブログ内でご紹介する内容は、病気の診断、治療、治癒、予防、あるいは生命の保護を保証するものではありません。 当方は医療従事者ではございません。製品等の選択、ご購入、ご使用に関しては、ご自身でご判断いただくか、かかりつけ医にご相談して頂きますよう、お願い申し上げます。

当記事は海外サイトからの引用が多く含まれます。出来る限りエビデンスが確認できる情報を掲載しておりますが、エビデンスを確認し切れない場合もございます。

最終的な情報の精査は、ご自身のご判断になりますことをご理解下さい。

(ーーここから記事の内容になります。文章を分かりやすくするため、一部割愛、要約、追記する場合があります。(注釈:)部分は私個人の意見です。ーー)

日本は6月に5ヶ月ぶりに経常赤字を計上した。これは、輸入額の急増が輸出額を上回ったためで、エネルギーと原材料価格の上昇が経済に与える圧力を浮き彫りにした。

 世界第3位の経済大国である日本(注釈:名ばかり…)は、6月に1324億円(9億8000万ドル)の経常赤字を計上し、前年同月の8720億円から逆転したことが政府のデータで明らかになった。

1月以来の月次赤字となったこのデータは、ロイターの世論調査でエコノミストが予想した7038億円の赤字よりも少額であった。

石油や石炭などのエネルギー価格の高騰により、輸入額は前年同期比49%増となり、「鉱物性燃料」と鉄鋼が牽引した輸出額の20%増を上回り、過去最高となった。

経常収支のデータは、日本の経済構造の変化を浮き彫りにした。

日本は海外におけるポートフォリオ投資と直接投資によって多額の利益を得ており、それが貿易収支の赤字を補っている。

経常収支の黒字は、2022年3月まで4期連続で減少している。

円安は輸入コストを膨らませるが、輸出企業の生産の海外シフトが進んでいるため、輸出額への押し上げ効果は以前ほど大きくはない。

(1ドル=135.0400円)

(ーーここまでが記事の内容です。ーー)

では今日はこの辺で。

皆さんの健康が守られますように!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。