中国がCOVID患者用のHIV治療薬を承認。

投稿者: | 2022-07-26

※人の免疫が下がると、色んな薬が売れるようになりますね。

【参考記事】

https://www.reuters.com/world/china/china-allow-use-genuine-biotechs-hiv-drug-covid-patients-2022-07-25/

当ブログの一部、及び全部を無断転載、再編集など行なうことはお控えください。 商用目的ではない個人ブログやYoutubeを含むSNS等での引用は、こちらのブログ元のリンク( https://sonaeru-san.com/ )を明記いただければ、問題ありません。

ブログ内でご紹介する内容は、病気の診断、治療、治癒、予防、あるいは生命の保護を保証するものではありません。 当方は医療従事者ではございません。製品等の選択、ご購入、ご使用に関しては、ご自身でご判断いただくか、かかりつけ医にご相談して頂きますよう、お願い申し上げます。

当記事は海外サイトからの引用が多く含まれます。出来る限りエビデンスが確認できる情報を掲載しておりますが、エビデンスを確認し切れない場合もございます。

最終的な情報の精査は、ご自身のご判断になりますことをご理解下さい。

(ーーここから記事の内容になります。文章を分かりやすくするため、一部割愛、要約、追記する場合があります。(注釈:)部分は私個人の意見です。ーー)

中国は月曜日、特定のHIV-1ウイルス感染症を脅かすために通常使用される薬剤を、「通常型」のCOVID感染症に再利用することに条件付きで許可を出したと、国家医療製品管理局が引用してロイター通信が報じている。
この薬、アズブジンはGenuine Biotech社製で、特定のHIV感染症の治療薬として2021年7月に承認されたものだ。
河南省に拠点を置くGenuine Biotech社は今月初め、後期臨床試験において、アズブジンを初めて服用してから7日後に症状の改善が見られた患者は、対照群(=使用しなかったグループ)の10.9%に対し40.4%だったと声明で述べた。

「通常型」COVIDは、肺炎の兆候を含むが、患者が重症化していないコロナウイルス感染症と定義されている。

この薬の承認は、中国が、明らかに「エイズ治療薬で治療できる。」ということを、受け入れるようになった最新のステップを示すものである。

コロナワクチンと治療薬が入手可能になることは、中国が、どんなに小さくても、あらゆる感染症の流行を排除することを目指し、集団検査と厳しい隔離に依存する「コロナ・ゼロ政策」から転換する可能性の土台を築く上で、極めて重要である。

なお、中国は2月時点で、ファイザーの経口治療薬パクスロビッドを、重症化するリスクの高い軽度から中等度のCOVIDに罹患した成人患者を対象に承認している。

(ーーここまでが記事の内容です。ーー)

では今日はこの辺で。

皆さんの健康が守られますように!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。