ファウチ、COVID感染に対してワクチンは「過剰に」保護しないことを認める。

投稿者: | 2022-07-14

※もう全面的に、ファウチは呼び捨てです。

【参考記事】

https://www.zerohedge.com/covid-19/fauci-admits-vaccines-dont-protect-overly-well-against-covid-infection

一応日本語の自動翻訳が設定されていたので、気になる方はご覧くださいませ。

当ブログの一部、及び全部を無断転載、再編集など行なうことはお控えください。 商用目的ではない個人ブログやYoutubeを含むSNS等での引用は、こちらのブログ元のリンク( https://sonaeru-san.com/ )を明記いただければ、問題ありません。

ブログ内でご紹介する内容は、病気の診断、治療、治癒、予防、あるいは生命の保護を保証するものではありません。 当方は医療従事者ではございません。製品等の選択、ご購入、ご使用に関しては、ご自身でご判断いただくか、かかりつけ医にご相談して頂きますよう、お願い申し上げます。

当記事は海外サイトからの引用が多く含まれます。出来る限りエビデンスが確認できる情報を掲載しておりますが、エビデンスを確認し切れない場合もございます。

最終的な情報の精査は、ご自身のご判断になりますことをご理解下さい。

(ーーここから記事の内容になります。文章を分かりやすくするため、一部割愛、要約、追記する場合があります。(注釈:)部分は私個人の意見です。ーー)

ホワイトハウス首席医療顧問のアンソニー・ファウチ博士は、Fox Newsに出演した際、ワクチンはウイルスの症状から守ることはできても、COVIDの感染に関しては「過度に守ることはできない」と認めた。

ファウチは、「Your World」(注釈:これは番組名です。)で、司会のニール・カブトと話しながら、このコメントを発表した。

ニールはファウチに、ワクチンのブースター接種を迷っているアメリカ人への対応を尋ねた。

ニール:「そして、彼らは、ワクチン接種を2回受けるのか、ブースターを受けるのか、更にもう1回受けるのか、その治療内容ついて疑問を持ち始めているのです。彼らには判断し切れないのです。どうしたらいいのでしょうか?」

ファウチ:「データから明らかなことは、このウイルスの感染性が高いため、ワクチンは感染に対しては過剰に防御しないが、入院や死亡に至る重症化に対してはかなり防御するということだ。」

かつて当局はワクチンは「100%安全で効果的」であると主張し、それに異議を唱える者はアンチワクチン派として悪者にされた時代から、それほど時間が経っていないということを、私達は忘れてはならない。


実は、ファウチは、ワクチンがCOVID感染から身を守るものではないことを身をもって知っているのだ。

以前紹介したように、ファウチは4回接種しているにもかかわらず、6月にこのウイルスに陽性反応が出ている。
そして、パックスロビッドの投与を終えた後、2週間の間に再びCOVIDに感染したのである。
(注釈:パックスロビッドとは、コロナ用の経口薬の事です。)

でもね、”100%安全で効果的!”なんですよ。(注釈:←勿論、皮肉ですよw)

(ーーここまでが記事の内容です。ーー)

さて、、、

先日もマールブルグ病のブログで少し触れたので、繰り返しになりますが、今は人類全体の免疫が下がっておりますので(マスクや消毒でも下がりますよ。腸内細菌叢がやられますので。)あらゆるウィルス・細菌が、人間に牙を向いてくることになるでしょうね…

厄介なのは、既に体内に取り込んでいる人が多い「ヘルペス」です。

とにかく、個々の免疫を上げておくことですね。私も頑張ります。

では今日はこの辺で。

皆さんの健康が守られますように!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。