男女平等度、日本は116位 東アジア太平洋地域でも最下位…

投稿者: | 2022-07-13

※あーもー、残念過ぎる。

【参考記事】

https://nordot.app/919721288243183616?c=39546741839462401

当ブログの一部、及び全部を無断転載、再編集など行なうことはお控えください。 商用目的ではない個人ブログやYoutubeを含むSNS等での引用は、こちらのブログ元のリンク( https://sonaeru-san.com/ )を明記いただければ、問題ありません。

ブログ内でご紹介する内容は、病気の診断、治療、治癒、予防、あるいは生命の保護を保証するものではありません。 当方は医療従事者ではございません。製品等の選択、ご購入、ご使用に関しては、ご自身でご判断いただくか、かかりつけ医にご相談して頂きますよう、お願い申し上げます。

当記事は海外サイトからの引用が多く含まれます。出来る限りエビデンスが確認できる情報を掲載しておりますが、エビデンスを確認し切れない場合もございます。

最終的な情報の精査は、ご自身のご判断になりますことをご理解下さい。

(ーーここから記事の内容になります。文章を分かりやすくするため、一部割愛、要約、追記する場合があります。(注釈:)部分は私個人の意見です。ーー)

スイスのシンクタンク、世界経済フォーラムは13日、各国の男女平等度を順位付けした2022年版の「ジェンダー・ギャップ報告」を発表し、日本は調査対象の146カ国中116位だった。政治、経済両面での女性の進出が依然として低調なことを受けG7、「東アジア太平洋地域」19カ国のいずれでも最下位となった。

 同報告は政治、経済、教育、健康の4分野で、男女参画などの度合いを評価して指数化。日本は教育、健康ではほぼ男女平等となっている一方、女性議員・閣僚の少なさから政治では139位、管理職の少なさや収入格差から経済でも121位と、下位に沈んでいる。

男女格差報告の主な順位(画像お借りしました。)

(ーーここまでが記事の内容です。ーー)

いや、もう、特に何も言うまい。。。

では今日はこの辺で。

皆さんの健康が守られますように!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。