ウラジミール・ゼレンコ博士、初期のCOVID治療イノベーター、48歳で死去…

投稿者: | 2022-07-05

※もう、残念でなりません。しかし、亡くなった方は戻っては来ません。ご冥福をお祈りいたします。

画像お借りしました。

【参考記事】

https://www.theepochtimes.com/dr-vladimir-zelenko-early-covid-therapeutics-innovator-dies-at-48_4572049.html

当ブログの一部、及び全部を無断転載、再編集など行なうことはお控えください。 商用目的ではない個人ブログやYoutubeを含むSNS等での引用は、こちらのブログ元のリンク( https://sonaeru-san.com/ )を明記いただければ、問題ありません。

ブログ内でご紹介する内容は、病気の診断、治療、治癒、予防、あるいは生命の保護を保証するものではありません。 当方は医療従事者ではございません。製品等の選択、ご購入、ご使用に関しては、ご自身でご判断いただくか、かかりつけ医にご相談して頂きますよう、お願い申し上げます。

当記事は海外サイトからの引用が多く含まれます。出来る限りエビデンスが確認できる情報を掲載しておりますが、エビデンスを確認し切れない場合もございます。

最終的な情報の精査は、ご自身のご判断になりますことをご理解下さい。

(ーーここから記事の内容になります。文章を分かりやすくするため、一部割愛、要約、追記する場合があります。(注釈:)部分は私個人の意見です。ーー)

COVIDの早期治療を発見・実施したことで有名なノーベル賞にノミネートされた医師であるウラジーミルゼレンコ博士は、肺動脈肉腫との長い戦いの末、2022年6月30日に48歳で死去されました。

非常に稀な形態の癌でした。

彼は1973年にウクライナのキーウで生まれ、1977年に家族と一緒にニューヨークのブルックリンにやって来ました。

ゼレンコは、ホフストラ大学で化学の理学士号を取得し、2000年にバッファロー医科大学で医学博士号を取得しました。

彼は、2020年にCOVID-19の発生時にニューヨーク州モンローで診療を行っており、約7,500人の患者を彼の方法で治療したとされています。

医師と保健当局が処方された治療法に同意するのを待つことができなかった医師は、ヒドロキシクロロキン(HCQ)、亜鉛、アジスロマイシン、およびステロイドを含む他の薬の組み合わせである「ゼレンコプロトコル」を考案しました。

彼を知っていた何人かの専門家や医師は、個人的に哀悼の意を表し、彼の業績を称賛しました。

「博士…ゼレンコ博士は、私たちのヒーローであるだけでなく、神の様な人でした…。」と、ゼレンコ自由財団の共同議長であるケビン・ジェンキンスはエポックタイムズに語っています。

「2年前、彼(ゼレンコ博士)は、人類を救うために火中に足を踏み入れました。彼の(内なる)神の勇気のおかげで、今日の世界はより良くなっています。私たちの祈りと愛は、友人や家族に向けられています。ゼレンコ自由財団は、彼の世界への夢は決して忘れることはありません。

私たちは彼の遺産を促進し、医療専制政治の脅威の高まりを心配しているすべての人が私たちと一緒に立ち、前向きな変化を起こすことを奨励するためにたゆまぬ努力をします。」

と、ジェンキンスは付け加えました。

ゼレンコ自由財団のもう1人の共同議長であるアンヴァンダースティールは、エポックタイムズに次のように語っています。

「ゼレンコは人類の進路修正でした。神の人として、彼の信仰は、医学界が衰退したときに、違反に立ち向かい、命を救うゼレンコ議定書を提供する力を彼に与えました。彼の議定書は世界中で何百万人もの命を救い、ヒポクラテスの誓いを尊重する医師の標準治療です。」

「ゼブ」とも呼ばれているゼレンコ博士は、ヒドロキシクロロキンについて当時のドナルド・トランプ大統領に手紙を送っていました。

「2020年3月の記者会見でトランプ大統領がニューヨーク州北部の田舎の医者から受け取った手紙について話しているのを聞いたことを思い出します。何百万人もの命を救ったその手紙…

ゼレンコ博士は、ヒドロキシクロロキンが実際にコロナウイルスの効果的な治療法であることを発見しました。それが大手製薬会社の終焉の始まりだったと思います。国民の支持を得て、ゼレンコ自由財団を通じて、戦いを続けていきます。」と、ヴァンダースティールは述べています。

「ゼレンコ博士は、他の医師らが、(コロナに対して)無力であったときに、早期治療へのアクセスを求めて戦いました。」と、FLCCCの社長兼最高医療責任者であるピエールコリー博士は述べています。「彼は大きな影響を与えました、そして彼の喪失は多くの人に感じられるでしょう。」

(ーーここまでが記事の内容です。一部割愛しました。ーー)

心より、ご冥福をお祈り申し上げます。

本当に残念でなりません…

ウラジミール・ゼレンコ博士、初期のCOVID治療イノベーター、48歳で死去…」への2件のフィードバック

  1. じゃすみん

    こんばんは。
    トランプさんを治療したゼレンコ博士でいらっしゃいますね。
    まだ48歳・・とても悲しいです。
    ノーベル賞とっておられたのですね。
    ご冥福をお祈りいたします。

    同じノーベル賞でも、日本のあの方は魂売りました(ips)。

    ところでもし良ければなのですが、かなり興味深いチャンネルがあるのです。
    つべのコメ欄に昨日も2回、書き方を変えて書きましたが即消されましてこれで3回目削除の刑 涙。
    ミーちゃんとこに書いても即消え。
    でも、登録者が500名以下の他のチャンネルのコメ欄に書いたら消えないで今も残ってます(おや?)
    諦めようと思いましたが、これは拡散されたくない、民には知られたくない都合の悪いチャンネルなんだと確信し、ブログのコメ欄に書かせていただこうと思いつきました。
    ブログ内容と関係ない話ですみません。

    ようつべで「華頂宮」で検索いただければ出てきます。

    旧皇族の方ですが、特に毎週土曜の生配信(アーカイブ有)がかなり面白いです。
    視聴者からの質問は、目ん玉飛び出るほどヤバい内容も多々あるのですが、全部丁寧にお答えされています。
    正直知らない話も多く、質問者の方々はかなり歴史に詳しく高尚な感じがします。

    世界の王族と皇室が遥か昔に既に親戚であること(4/30配信分)皆親戚デス。
    今はまだ隠されている歴史なども、発表する時がいずれくるとのこと。
    世界史が大きく変わる。
    破壊の後の再生は日本から、ということで進めておられます。
    歴史を発表しないのは、世界史が変わるので遠慮して発表しない。けれどあちこちから証拠の土器が出まくってます。もう隠しきれないほどに。(ぇ・・すごい・・)

    7/3配信では何故このチャンネルを始めたのかお話されてました。
    気候変動。

    一般人の世界にいらっしゃいますが旧皇族の方なので、重要な「国体」の動きが少し見えます。
    私思うんですが、華頂宮さんや原田武夫氏等、根源的な話をする人に視聴者が少ないです。
    皆、結局は簡単に飛びつきやすい陰謀エンタメを求めているだけなんだなと思いました。
    政体ではなく、この世を動かしているのは国体なのに。
    長々失礼致しました。

    このコメントは送信したらすぐ公開になるのでしょうか?
    もし認証制であれば、非公開にしていただいても結構です^^

    返信
  2. sonaerusan 投稿作成者

    じゃすみんさん
    返信おそくなりました沢山の情報ありがとうございます!
    こちらのブログは、私が運営しているものなので、
    コメントが消される事は基本的にはあり得ません!
    もしYoutubeに不具合あれば、こちらにドシドシお書きください!
    (ただ、コメント表示は承認制になっていますので、公開までに時間差がございます。ご了承くださいませ)

    「結局は簡単に飛びつきやすい陰謀エンタメを求めているだけ」
    かも知れませんね、同感です。

    どれほどマズい事に巻き込まれそうになっているか…
    今の日本って、本当に「崖っぷち」で、一瞬にして、
    食糧もエネルギーも、大東亜戦争時代並みに無くなる可能性があるのです。

    でも、所詮、戦争も貧困も「テレビ」や「ネット」の話であって、
    自分事で無い人の方が多いのだろうと思います。
    また何か気になる情報がありましたら、いつでもご記入下さいませ!

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。