オレゴン市市長候補、当選すればホームレスが「日本人」のように暮らせると発言。

投稿者: | 2022-06-22

※なんじゃそら…

画像お借りしました。

【参考記事】

https://news.yahoo.com/oregon-city-mayoral-candidate-says-182102811.html

当ブログの一部、及び全部を無断転載、再編集など行なうことはお控えください。 商用目的ではない個人ブログやYoutubeを含むSNS等での引用は、こちらのブログ元のリンク( https://sonaeru-san.com/ )を明記いただければ、問題ありません。

ブログ内でご紹介する内容は、病気の診断、治療、治癒、予防、あるいは生命の保護を保証するものではありません。 当方は医療従事者ではございません。製品等の選択、ご購入、ご使用に関しては、ご自身でご判断いただくか、かかりつけ医にご相談して頂きますよう、お願い申し上げます。

当記事は海外サイトからの引用が多く含まれます。出来る限りエビデンスが確認できる情報を掲載しておりますが、エビデンスを確認し切れない場合もございます。

最終的な情報の精査は、ご自身のご判断になりますことをご理解下さい。

(ーーここから記事の内容になります。文章を分かりやすくするため、一部割愛、要約、追記する場合があります。(注釈:)部分は私個人の意見です。ーー)

オレゴン市の市長候補者が、市内のホームレスが “日本人のように “暮らせるよう、空き学校を利用する意向を明らかにした。

退役米海兵隊軍曹のレスリー・ライト氏は先月、ラジオのトークショー司会者ラース・ラーソン氏とのインタビューで、オレゴン市市長選への再出馬について語る中で、この計画を明らかにした。

ライト氏によると、ホームレスの人たちを空き学校に収容するために、地元や州の様々な機関から許可を得るということだが、このインタビューでは具体的な場所は明かされなかった。

「日本人の暮らしぶりを見たことがありますか?」

ライトはラーソンにこう言った。

「私たちは、ホームレスの人たちを一人一人、自分たちの小さなエリアに集めて、住所を教えるつもりです。」

ライト氏は、人気のある低予算の日系カプセルホテルを示唆したのかもしれないが、彼の発言は、第二次世界大戦中に何千人もの日系人が強制収容された、密集した居住空間を持つ強制収容所を思い起こさせるものでもある。

また、ライト氏は、この施設はアルコール飲料を禁止し、視力検査が必要な入居希望者を選別するという。また、精神的な問題を抱えた人は、別の場所に送られることになる。

「最初に玄関に入ったとき、軍隊と同じように査定されます」とライト氏は語った。

(注釈:だから、なんじゃそら、と。)

「このコミュニティでは、私は毎日、仕事の抽選を受けることになります。このコミュニティーでは、私は毎日仕事のくじ引きをするつもりです。庭がきれいになっているか確認するんだ。バラックもきれいにする。ドラッグも注射針も禁止だ」と付け加えた。

2021年3月の市長選挙でレイチェル・ライルス・スミスに敗れたライトは、8月23日の特別選挙でオレゴン市委員長デニーズ・マグリフと対決することになっている。マクグリフは、4月にスミスが辞任して以来、オレゴン市長の代理を務めている。

(ーーここまでが記事の内容です。ーー)

何故ここで「日本人」を引き合いに出したのでしょうねえ…

では今日はこの辺で。

皆さんの健康が守られますように!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。