世界経済フォーラムが顔認証技術を推進。

投稿者: | 2022-06-01
カメラ, ビデオ, 映画, メディア, 監視, 録音, 安全, テクノロジー

【参考記事】

https://www.theepochtimes.com/t-world-economic-forum

https://www.weforum.org/impact/online-safety/

https://canadagazette.gc.ca/rp-pr/p1/2022/2022-05-14/html/reg3-eng.html

当ブログの一部、及び全部を無断転載、再編集など行なうことはお控えください。 商用目的ではない個人ブログやYoutubeを含むSNS等での引用は、こちらのブログ元のリンク( https://sonaeru-san.com/ )を明記いただければ、問題ありません。

ブログ内でご紹介する内容は、病気の診断、治療、治癒、予防、あるいは生命の保護を保証するものではありません。 当方は医療従事者ではございません。製品等の選択、ご購入、ご使用に関しては、ご自身でご判断いただくか、かかりつけ医にご相談して頂きますよう、お願い申し上げます。

当記事は海外サイトからの引用が多く含まれます。出来る限りエビデンスが確認できる情報を掲載しておりますが、エビデンスを確認し切れない場合もございます。

最終的な情報の精査は、ご自身のご判断になりますことをご理解下さい。

(ーーここから記事の内容になります。文章を分かりやすくするため、一部割愛、要約、追記する場合があります。(注釈:)部分は私個人の意見です。ーー)

スイスのダボスで開催された世界経済フォーラムの年次総会が終了した。5日間にわたるイベントのテーマは、「Working Together, Restoring Trust(共に働き、信頼を取り戻そう)」というもので、漠然としたものであると同時に、厄介なものであった。

WEFは、”The Great Reset “を推進する国際組織である。このテーマは、”Suffering Together, Restoring Compliance”(共に苦しみ、約束を守ろう)とでも訳すのが妥当だろう。

その中で、メンバーたちは、誤報と偽情報の拡散に焦点を当てた。有害なコンテンツの蔓延にどう対処するか。という問いかけに、「簡単だ、デジタルIDを導入すればいい」と答えました。

WEFは最近、「ネット上の有害コンテンツに対処するための官民協力の加速」を目的としたイニシアチブ、「デジタル・セーフティ世界連合」を立ち上げた。

そして、悪質なコンテンツの惨劇を改善するため、「新しいオンライン安全規制のベストプラクティスを交換し、何百万人もの接続された市民のデジタルメディアリテラシーの向上を支援するために適した多様なリーダーグループ」を集めました。

この “多様なリーダー “には、グーグル、マイクロソフト、インターポールのような企業のトップや、多くの政府閣僚が含まれている。また、インターネットをより安全な場所にするために努力している企業、Yotiも連合のメンバーである。

どうしてか? それは、デジタルIDを活用するためだ。



デジタルIDがもたらす危険性は、いくら強調してもし過ぎることはないだろう。10年以上にわたって「人権に関するテクノロジーの利点と危険性を追跡」してきた研究者ブレット・ソロモンが以前指摘したように、デジタルIDの大量導入は「これまで遭遇したどのテクノロジーよりも、人権に対する重大なリスクのひとつをもたらす」のである。

ソロモンによれば、「新しい技術が集結してこのリスクをより深刻なものにする未来に向かって猛進する」我々は、「ほぼ完璧な顔認識技術や、人間の歩行、呼吸、虹彩に至るその他の識別子の幕開けに備えなければならない」のである。

技術研究者によれば、そう遠くない将来の生体認証データベースは、中央集権的な性格を持つようになるという。極端に言えば不透明で、我々のデータは、ダボス会議に出席して礼儀正しい討論をするような、想像できる最も高い地位にある人々によって収穫されることになるだろう。

さらに、ソロモンは、識別子の地理的な位置情報をミックスするという、絶対的カオスのシナリオをがあると言います。

このような識別子は、あなた、もっと言えば、デジタルなあなたをリアルタイムで追跡する。逃げようと思えばいくらでも逃げられるが、隠れることはできないだろう。

パノプティコンがデジタルにアップグレードされる
WEFと密接な関係にあるカナダは、デジタルIDの利用を積極的に検討している。カナダ・ガゼット紙によると、同国のジャスティン・トルドー首相(←注釈:WEFの、バリバリ現役スタメン。)は、

“デジタルID文書 “と “バイオメトリック旅行文書 “の導入について航空会社と話をしたのだそう。

カナダ官報、パートI、第156巻、第20号:安全な空の旅の規則および指定された規定の規則を修正する規則。



また、カナダの最高情報責任者であるCatherine Luelo氏も、デジタルIDの必要性について発言している。Luelo氏は現在、カナダのデジタル・イノベーション戦略の先頭に立っており、公共部門全体へのデジタルIDの導入を目指している。

カナダの計画は、世界経済フォーラムによって始められた、より広範な計画の一部だ。昨年発表された白書の中で、WEFの著者らは、デジタルIDプログラムが金融サービス産業の不可欠な一部となるであろう多くの方法について論じている。

抵抗は無駄だ。デジタルIDは近い将来、当たり前のものになるかもしれない。

Reclaim the Netのアナリストが最近報じたように、米国では、米国郵政公社がデジタルIDの導入を推進している。USPSは、”生体データの収集とデジタルIDサービスにおいて、より顕著な役割を持ちたい “と考えている。

さらに心配なのは、USPSはすでに、GSA(General Services Administration)やFBIという、著名な “生体データ収集パイロット “と提携していることだ。

悪いニュースはこれだけでは終わらない。別のところで述べたように、内国歳入庁(IRS)もあなたの顔を必要としているのだ。

デジタルIDは民主主義と相容れない

民主主義の理念を推進するために設立された国際団体フリーダムハウスは最近、プライバシー権のような民主主義の規範を尊重することに関して、米国は後退していると警告した。

選挙プロセスに対する党派的圧力、刑事司法制度における偏見と機能不全、移民や亡命者に対する有害な政策、富や経済機会、政治的影響力における格差の拡大に反映されているように、同国の民主主義制度は侵食を受けている」とフリーダムハウスは主張した。

でもデジタル監視についてはどうだろうか?

アメリカ国民をスパイしたいという政府の願望(と政府と密接に関係する組織)についてはどうでしょう?人々をデータとして採掘し、集めた情報を操作しコントロールするために利用しようとする動きについてはどうだろうか?

アメリカが後退していると疑う人は、Freedom Houseの2021年の報告書によると、アルゼンチンやモンゴルが現在、民主主義のはしごで上位にランクされていることに注目してほしい。誰がこの後退を非難するのだろうか?市民の安全を守るために選ばれた、まさにその人たちだと私は思う。

米国は急速に、国民が第三世界の保護を受ける第一世界の国になりつつある。誰もこのことを喜んではいられない。ダボス会議のエリートを除けば、ほとんど誰も。

(ーーここまでが記事の内容です。ーー)

さて、、、

長い記事でしたが、一気に載せました。

ハイパー要約致しますと、WEFで「本気のデジタルID・顔認識」の、ごり押し作戦が議題に上った、ということです。

さあ…どうしましょうね。

前回の記事「WHOパンデミック条約」に続きまして、まさに、自由を懸けた戦いが始まった、という感じがしています。

では今日はこの辺で。

皆さんの健康が守られますように!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。