米国の食糧インフレ、42年ぶりの記録更新…収束のめど立たず。

投稿者: | 2022-05-18
財布, お金, ファイナンス, 支払う, 費用, ポケット, お金がないこと

【参考記事】

https://www.breitbart.com/economy/2022/05/11/grocery-store-prices-up-10-8-most-in-nearly-42-years-as-americans-face-higher-prices-on-hamburger-meat-baby-food-chicken-bacon-soup/

当ブログの一部、及び全部を無断転載、再編集など行なうことはお控えください。 商用目的ではない個人ブログやYoutubeを含むSNS等での引用は、こちらのブログ元のリンク( https://sonaeru-san.com/ )を明記いただければ、問題ありません。

ブログ内でご紹介する製品は、病気の診断、治療、治癒、予防、あるいは生命の保護を保証するものではありません。 当方は医療従事者ではございません。商品の選択、ご購入、使用に関しては、ご自身でご判断いただくか、かかりつけ医にご相談して頂きますよう、お願い申し上げます。

当記事は海外サイトからの引用が多く含まれます。出来る限りエビデンスが確認できる情報を掲載しておりますが、エビデンスを確認し切れない場合もございます。

最終的な情報の精査は、ご自身のご判断になりますことをご理解下さい。

(ーーここから記事の内容になります。文章を分かりやすくするため、一部割愛、要約、追記する場合があります。(注釈:)部分は私個人の意見です。ーー)

アメリカの消費者物価指数(CPI)は予想を上回り、4月に平均8.3%まで上昇し、食品インフレは42年ぶりの記録を更新しました。

肉類、乳製品、ベビー用品など、あらゆるものが食料品店の平均で約10.8%上昇していまする。そして悲しいことに、この状況は今後数週間から数ヶ月の間にさらに悪化する可能性が高いと考えられます。


以下の内訳は、カテゴリー別の食品価格の上昇率を示しています。

画像お借りしました。



– 牛挽肉:14.8%上昇
– ステーキ: 11.8%上昇
– ベーコン:17.7%上昇
– ポークチョップ: 14.0%上昇
– チキン:+16.4パーセント
– 鮮魚:+13.0パーセント
– 牛乳:+15.5パーセント
– コーヒー:13.5%増
– 果物(生):8.3%増
– レタス:12.7%増
– サラダドレッシング:+13.1パーセント
– スープ:13.1%増
– ベビーフード:13%増
– ブレックファストシリアル:12.1%増
– パン:9.1%増
– ビスケット・マフィン:10.1%増
– ランチミート(注釈:スパムの事です。):14.4%増

ファストフードは平均7%の値上げ、フルサービスのレストランは87%値上げという、まさに驚異的な値上げを記録しています。因みに、自動販売機の価格も7.1%上昇しています。

公式の数字によると、インフレ率はまだ月ごとに上昇しているが、現在は以前の月と比較して上昇率が緩やかになっている。しかしこれは、政府がインフレ率について真実を語っていると仮定した場合の話です。

3月と比較して、4月の物価はさらに0.3%上昇し、11ヶ月連続で5%を超えるインフレとなりました。

3月の物価上昇率は年率8.5%だった。2021年9月以降、前年同月比のインフレ率が前月を上回らなかったのは4月が初めてですが、それでも予想を上回りました。

エコノミストはCPIが前月比0.2%、前年比8.1%上昇すると予想していました。

しかし、実際は、食品とエネルギーを除いたコアCPIは0.6%上昇し、予想の0.4%を大きく上回る結果となりました。1年前と比較すると、コア物価は6.2%上昇し、予想の6.0%を上回っています。

一方、米労働統計局によると、全従業員の平均時給は3月から4月にかけて、実際には0.1%減少。2021年4月から2022年4月まで、季節調整済みの実質的な平均時給は2.6%減少した。

(注釈:これは…アメリカ、ハイパースタグフレーションの兆しか?!)

株式市場も暗号通貨市場も、あらゆる混乱の中で暴落を続けています。これらの高いインフレの数字は、物価が安定する可能性があるならば、連邦準備制度が今後、より速いペースで金利を引き上げる必要があることを示唆しています。


インフレは累積することを忘れてはならない。

現在の8.3%は1年前の上乗せである。年率は少し下がるかもしれないが、全体の%は決して下がりません。それに、年間8.3%というのは偽りの数字かも知れません。アメリカ国民が肌で感じているように、実際は、その2倍くらい、もしかしたらそれ以上かもしれない。

つまり「公表されている多くのインフレ率というものは、統計の作り方によって操作され(本当のインフレ率は)隠されている 。」という可能性がある、という事です。

(ーーここまでが記事の内容です。後半割愛しています。ーー)

さて、、、

最近は「土いじり」が楽しくて楽しくて、週末は「時を忘れて」庭造りに没頭しています。基本的に、作業するのは私1人でして、旦那さんは子供を連れて公園に遊びに行ったりしてくれています。

先日は菊芋、サツマイモ、里芋を植えました。里芋は生姜と植えると良いそうなので、近々生姜も植える予定です。

ジャガイモはネギと連作出来るように、植える場所を調整中です。

そして、庭造りは「防犯」も並行して行う予定です。何をどう防犯していくかは、考え中です。

そして、備蓄は進めていますが、いざという時は「身軽」であることが命を守ると思うので、ミニマリストも目指しています。

ちょっと話が変わりますけど、最近すごく寒くないですか?かと思えば今日は30度近くまで気温が上がるという…

小氷河期に向かう、その道ほどの気候は「めちゃくちゃになる」という事は、もう何年も前から分かっていたことなので、さして驚くことは無いのですが、本当にいろんな事が集中して起き始めているなあ、と実感します。

今年の農作物は、きっと全国的に(いや、世界的に)「不作」確定だろうなあ…

そして、今年なのですが、日本は台風がかなり強烈になる気がします。(更に、台風と、ちょっと大きめの地震がセットで来そうです…)

そんなわけで、台風と地震(及び停電など)の対策も、今の内にしっかりやっておかないとなあ、と思う今日この頃です。

では、今日はこの辺で。

皆さんの健康が守られますように!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。