ロシアのウクライナ侵攻でパニックになったアメリカ人は弾薬を買いだめしている。

投稿者: | 2022-03-18
拳銃, 銃, ピストル, 武器, 弾丸, 弾薬, シュート, 引き金

【参考記事】

https://www.zerohedge.com/personal-finance/americans-panic-hoard-ammo-wake-russian-invasion-ukraine

当ブログの一部、及び全部を無断転載、転送、再編集など行なうことはお控えください。 商用目的ではない個人ブログやYoutubeを含むSNS等での引用は、こちらのブログ元のリンク( https://sonaeru-san.com/ )を明記いただければ、問題ありません。

ブログ内でご紹介する製品は、病気の診断、治療、治癒、予防、あるいは生命の保護を保証するものではありません。 当方は医療従事者ではございません。商品の選択、ご購入、使用に関しては、ご自身でご判断いただくか、かかりつけ医にご相談して頂きますよう、お願い申し上げます。

当記事は海外サイトからの引用が多く含まれます。出来る限りエビデンスが確認できる情報を掲載しておりますが、エビデンスを確認し切れない場合もございます。

最終的な情報の精査は、ご自身のご判断になりますことをご理解下さい。

(ーーここから記事の内容になります。文章を分かりやすくするため、一部割愛、要約、追記する場合があります。「注釈」部分は私個人の意見です。ーー)

ロシア軍がウクライナに侵攻して以来、米国人はあらゆる種類の弾薬をパニック状態で買いだめしていると、米国のオンライン銃器小売業者トップが指摘しています。

“小火器弾薬に対する最近の消費者需要の急増-その発生は、2022年2月24日のロシアのウクライナ侵攻と完全に一致している” と、米国の弾薬・部品メーカーであるAMMO社は、金曜日のプレスリリースでこのように述べています。

ロサンゼルスに本社を置くアンモ社は、2月24日から3月10日の間に、売上が166%急増し、取引額は前の2週間と比べて110%増加したと報告しています。

弾薬は、テキサス、フロリダ、ワシントンの顧客が数量的に最も多く購入しました。主に9mmと5.56×45を購入した。この期間の弾薬販売量上位10州の全リストは以下です。

画像お借りしました。
https://www.zerohedge.com/personal-finance/americans-panic-hoard-ammo-wake-russian-invasion-ukraine

「警戒心の強い銃器愛好家は、自分の好きな趣味を楽しむために必要な製品がすぐに不足する可能性があると感じていたのです。」と述べています。

「多くのアメリカ人は、戦争になれば、消費者が入手できる弾薬の量が大幅に制限される。」と予測しています。また、バイデン政権が行政命令によって、ウクライナのレジスタンスを支援するために海外に製品を出荷しなければならないという口実で、何らかの形で弾薬の個人販売を制限されることを懸念する人もいます。

大西洋中部の向こう側、メリーランド州にあるガンショップThe Machine Gun Nestは、海外での紛争がARプラットフォームの武器に対する購買意欲に火をつけ、店頭やオンラインeコマースショップでの弾薬販売が増加したと指摘しています。

「ここ大西洋岸中部では、弾薬の売り上げが大きく伸びています。ウクライナの戦争は、特に銃の所有者の間で、ウクライナの人々が武装した人々の絶対的な必要性を証明していると感じ、米国での関心を呼び起こしたことは確かです。

9mm、5.56mmは、一度に2万発も購入される方もおられ、売れ行きが急伸しています。また、ロシア製弾薬の需要も増えており、7.62×39や5.45×39の需要も増えています。バイデン政権は2021年秋に制裁でロシア弾薬の輸入を阻止しましたが、戦争によって徐々に枯渇しつつあるこれらの輸入品の需要に拍車をかけたのは確かです。

弾薬追跡サイトAmmo Prices Now経由で弾薬価格を見てみると、彼らは9mm価格が土曜日に1ラウンド30セント付近で安定していると報告しています。しかし、5.56は侵攻以来23%跳ね上がり、0.44セントから0.55セントになりました。

画像お借りしました。


また、5.56弾薬のインターネット検索は、2020年の社会不安の夏により人々が銃や弾薬をパニック買いした2021年1月以来の高水準に跳ね上がったそうです。
スミス&ウェッソン・ブランズ社によると、銃器市場はその後、「パンデミック急増の絶頂期から大幅に冷え込んでいる」といいます。

しかし、パンデミック以降、銃の所有者が増え、企業メディアが人々に戦時中のプロパガンダを流しているため、再び銃の購入が進む可能性があります。今回は、戦争の脅威から、人々はより大きな口径の武器をパニック的に買いだめすることになるかもしれません。

(ーーここまでが記事の内容です。ーー)

では今日はこの辺で。

皆さんの健康が守られますように!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。