アルゼンチン、大豆の輸出を停止。

投稿者: | 2022-03-18
大豆, 手, アグロ, 収穫, 種子, 豆科の, 大豆, 大豆, 大豆, 大豆

【参考記事】

https://www.magyp.gob.ar/sitio/areas/ss_mercados_agropecuarios/djve/_archivos/000005_Comunicado%20Oficial%20Marzo%202022.pdf

https://www.reuters.com/world/americas/argentina-halts-export-registration-soy-oil-meal-2022-03-14/

当ブログの一部、及び全部を無断転載、転送、再編集など行なうことはお控えください。 商用目的ではない個人ブログやYoutubeを含むSNS等での引用は、こちらのブログ元のリンク( https://sonaeru-san.com/ )を明記いただければ、問題ありません。

ブログ内でご紹介する製品は、病気の診断、治療、治癒、予防、あるいは生命の保護を保証するものではありません。 当方は医療従事者ではございません。商品の選択、ご購入、使用に関しては、ご自身でご判断いただくか、かかりつけ医にご相談して頂きますよう、お願い申し上げます。

当記事は海外サイトからの引用が多く含まれます。出来る限りエビデンスが確認できる情報を掲載しておりますが、エビデンスを確認し切れない場合もございます。

最終的な情報の精査は、ご自身のご判断になりますことをご理解下さい。

(ーーここから記事の内容になります。文章を分かりやすくするため、一部割愛、要約、追記する場合があります。「注釈」部分は私個人の意見です。ーー)

ロシアのウクライナ侵攻により、世界の食料サプライチェーンが混乱し、備蓄の減少が予想されることから、食料価格が過去最高値に急騰している。世界各国の政府は、国内の食糧供給を保護するために保護主義的な措置を取り始めている。

ハビエル・プレシャード・パティーノ農業市場担当長官の署名入りメモによると、アルゼンチンは今週末、大豆粕と油の輸出を停止し、地元の農産物に対する統制を強化する動きを見せた。

世界最大の大豆加工品輸出国による一時的な停止は、ロシアがウクライナに侵攻し、世界の食料市場に混乱をきたした後のことである。アルゼンチンからのニュースを受けて、大豆ミールの先物価格は2.2%以上跳ね上がった。一方、大豆粕先物は1.26%下落。

アルゼンチンは2月下旬から、消費者のコスト高騰を緩和するために、植物油に対する以前の政策と同様に、国内の小麦産業に対する補助金で食品市場に介入している。国連は、世界の食料価格はここからさらに8%〜20%上昇する可能性があると予想している。

ブルームバーグは、「政府は通常、農家が売り殺到で増税を先取りするのを阻止するため、出荷に増税する前にDJVEとして知られる輸出登録にブロックをかける」と述べ、商品デスクでは、アルゼンチンが大豆ミールと油への課税を31%から33%に引き上げるとの観測もあるとしている。

大豆トレーダーはロイターに対し、「アルゼンチンの供給が突然停止したことで、輸入業者は代替供給のために米国とブラジルに向かうだろう」と語っている。

(注釈:アメリカは、日本の主な大豆の輸入元の一つです。日本は相変わらず円安なので、大豆も買い負けする可能性が高いです。)

バイヤーは消費を減らすか、代替供給源に行くしかない。

「米国産ミールの需要増を見込む。東南アジアでは、インドネシア、マレーシア、タイなどのバイヤーがアルゼンチン産ミールに大きく依存していた」とシンガポールのあるトレーダーは述べている。

これは、ロシアのウクライナ侵攻が、アルゼンチンだけでなく、現地の供給と価格高騰に神経を尖らせている他の国々の保護主義的措置に火をつけたことに起因している。

Gro Intelligenceの戦略責任者であるSteve Mathews氏はブルームバーグに対し、保護主義的措置は世界の供給逼迫により国際価格をさらに高騰させる可能性があると指摘。「インフレ懸念に大きく拍車をかけることになるだろう。」と述べた。

One River Asset ManagementのCIOであるEric Peters氏は、世界の食料サプライチェーンの現在の混乱は、世界的な “大飢饉 “を引き起こしかねないと警告している。

(ーーここまでが記事の内容です。ーー)

では今日はこの辺で。

皆さんの健康が守られますように!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。