Googleの検索キーワード「徴兵制はあるのか?」が、過去最高に急騰。

投稿者: | 2022-03-11
平和, 落書き, ストリート アート, 美術, 子供達, 戦争, 茶色の美術

【参考記事】

https://www.zerohedge.com/political/will-there-be-military-draft-interest-surges-online

当ブログの一部、及び全部を無断転載、転送、再編集など行なうことはお控えください。 商用目的ではない個人ブログやYoutubeを含むSNS等での引用は、こちらのブログ元のリンク( https://sonaeru-san.com/ )を明記いただければ、問題ありません。

ブログ内でご紹介する製品は、病気の診断、治療、治癒、予防、あるいは生命の保護を保証するものではありません。 当方は医療従事者ではございません。商品の選択、ご購入、使用に関しては、ご自身でご判断いただくか、かかりつけ医にご相談して頂きますよう、お願い申し上げます。

当記事は海外サイトからの引用が多く含まれます。出来る限りエビデンスが確認できる情報を掲載しておりますが、エビデンスを確認し切れない場合もございます。

最終的な情報の精査は、ご自身のご判断になりますことをご理解下さい。

(ーーここから記事の内容になります。文章を分かりやすくするため、一部割愛、要約、追記する場合があります。「注釈」部分は私個人の意見です。ーー)

ロシアがウクライナに侵攻して以来、「徴兵制」と「ロシアの核兵器」への関心がネット上で急上昇しています。先月、ロシアのプーチン大統領は核戦力を「特別戦闘態勢」に移行させました。プーチン大統領は数日前、西側がウクライナ上空に「飛行禁止」区域を設定すれば、さらなる紛争を招くと警告しています。

そのため、ネット上では「第三次世界大戦」がトレンドとなっており、多くの若者が、ロシアとの戦いに突然召集されるのではないかと考えているようです。

Googleの検索キーワード「Will I get drafted」(「私は徴兵されるのか?」)は過去最高に急騰したそうです。


徴兵されることへの関心は、2020年初頭、イラクで米国の無人機による攻撃がイランの治安・情報最高司令官を殺害し、徴兵対象の米国人のデータベースを管理する選択サービスシステムのウェブサイトがクラッシュする戦争への懸念を引き起こした時を上回っています。

今のところ、Selective Service Systemのウェブサイトには、通常通りです。ちなみに、18歳から25歳はSelective Service Systemに登録しなければならない。

(ーーここまでが記事の内容です。ーー)

では今日はこの辺で。

皆さんの健康が守られますように!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。