肥料価格の高騰により、現代史に例を見ない世界的な飢饉発生の可能性…

投稿者: | 2022-02-18
家族, ショッピングセンター, 購入, 食物, お菓子, 製品, カート

【参考記事】

https://www.afinalwarning.com/568596.html

https://www.cnn.co.jp/world/35183453.html

当ブログの一部、及び全部を無断転載、転送、再編集など行なうことはお控えください。 商用目的ではない個人ブログやYoutubeを含むSNS等での引用は、こちらのブログ元のリンク( https://sonaeru-san.com/ )を明記いただければ、問題ありません。

ブログ内でご紹介する製品は、病気の診断、治療、治癒、予防、あるいは生命の保護を保証するものではありません。 当方は医療従事者ではございません。商品の選択、ご購入、使用に関しては、ご自身でご判断いただくか、かかりつけ医にご相談して頂きますよう、お願い申し上げます。

当記事は海外サイトからの引用が多く含まれます。出来る限りエビデンスが確認できる情報を掲載しておりますが、エビデンスを確認し切れない場合もございます。

最終的な情報の精査は、ご自身のご判断になりますことをご了承下さい。

(ーーここから記事の内容になります。文章を分かりやすくするため、一部割愛、要約、追記する場合があります。「注釈」部分は私個人の意見です。ーー)

世界の肥料価格が3~4倍になり、食糧生産が減少するという、現代の食糧危機が迫っています。

受精, 国, 農業, 液体肥料, 下水道, 天然肥料, 賞賛, ロンバルディア

現在、米国の企業メディアは、世界中に壊滅的な影響を与える可能性があるにもかかわらず、この問題を軽視しています。しかし、専門家はすでに危機を警告しています。

「今はっきり申し上げたいのは、次の収穫(=2022年の収穫ことですね。)は、非常に少ない量になるリスクがあるということです。」こう語ったのは、オスロ(=ノルウェーの首都です。)に本社を置くヤラ・インターナショナル社のCEO兼社長であるスヴェイン・トレ・ホルセター氏です。

(注釈:Yara Internationalとは、ノルウェーの化学会社です。その最大の事業分野は窒素肥料の生産ですが硝酸塩アンモニア尿素、その他の窒素ベースの化学物質 の生産も含まれます-wikiより-)

https://www.yara.com/ (←ヤラ公式ホームページ)

ホルセター氏は、アンモニア1トンの製造コストが10倍近くになっているため、食糧危機が差し迫っているのだと語っています。

一方、天然ガスの基準価格は2021年9月に過去最高を記録し、ヨーロッパでは6月から10月にかけて3倍以上になっています。

「昨年の夏、1トンのアンモニアを生産するための価格は110ドルでした。それが今では1,000ドルです…」とホルセター氏は語っています。

アフリカの農家を襲う、3倍の肥料価格

アフリカ, 地図, 土地, 大陸, 地理, アトラス, 地形, 地図作成

アフリカの多くの農家は、過去18カ月で肥料の価格が3倍になったため、今年は肥料の購入を控える農家が増えています。AfricaFertilizer.orgのリサーチャーグループプログラムマネージャーであるSebastian Nduvaによると、このため成長性があることで知られる市場がほぼ3分の1に減少し、1億人を養えるだけの穀物の生産量が3000万トン減少する可能性があるとのことです。

「収量が落ち込むということは、政府が予算を調整して食料を輸入しなければならないか、食料不足に陥ることを意味します。国民が飢えないようにするために、アフリカの政府は大量の食料を輸入する必要があるのです。」とNduvaは言います。

しかし、農業生産は世界的に減少すると予想されており、ほとんどすべての国が食料の輸入に目を向けることになる。ただし、輸出国はそれほど多くはないだろう。

実は、アフリカの一部地域では、すでに食糧不足が深刻なレベルに達しています。

昨年のCOP26に登場した世界食糧計画マダガスカル・プログラム・マネージャーのフレデリカ・アンドリアマナンテナさんは、自国の干ばつとそれによる飢餓の深刻さを詳しく説明してくれました。この干ばつにより、過去5年間の平均収穫量の3分の1程度まで減少してしまったと言います。

そして、これはほんの始まりに過ぎず、世界情勢はまもなく、すべての人のための十分な食料がないところまで来てしまうでしょう。

ロシアとウクライナの戦争の噂は、食料価格高騰に、拍車をかけることになるでしょう。ウクライナとロシアを合わせると、世界の小麦、トウモロコシ、ヒマワリ油の一大生産地だからです。

戦争が起きれば、作物など作っていられなくなり、その結果、供給が途絶えれば、アジア、アフリカ、中東では、パンや肉は、ますます高価になるでしょう。

すでに過去10年で最高となっているため、当たり前ですが、各家庭の食費も増加することになります。

因みに、マーケットインテルによると、アンモニアが210%以上、液体窒素が159%以上、尿素が155%、リン酸一アンモニウム(MAP)が125%、リン酸二アンモニウム(DAP)が100%以上に上昇し、カリが134%以上に上昇している、という事です。

(ーーここまでが記事の内容です。ーー)

さて、、、

セルビアが、食糧備蓄を緊急命令出したそうですね。勿論、背景には「ウクライナ危機」があるわけですが。

https://www.cnn.co.jp/world/35183453.html

まあ、何と言うか、自分の身は自分で守らなければいけないんだという所ですね。なんせ「国民ラスト」の日本なので。

それでは今日はこの辺で。

皆さんの健康が守られますように!



肥料価格の高騰により、現代史に例を見ない世界的な飢饉発生の可能性…」への2件のフィードバック

  1. ぱたぽん

    そうね、家族を守らないとね。
    備えるさんの声を聞いていると癒やされます。
    いい声の人は美しい人だと思います。
    曜日を言う時のイントネーションが独特ですね。
    どちらの方かしら?って想像しながら聴いています。
    備えるさんのような人が近所にいたらいいのにな〜

    返信
    1. sonaerusan 投稿作成者

      ぱたぽんさん
      家族守らないと、です。本当に。
      声を褒めて頂き大変恐縮ですありがとうございます!

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。