胎内でのタイレノール曝露とADHDおよび自閉症の関連性を示す研究結果。

投稿者: | 2022-01-13

【参考記事】

当ブログの一部、及び全部を無断転載、転送、再編集など行なうことはお控えください。 商用目的ではない個人ブログやYoutubeを含むSNS等での引用は、こちらのブログ元のリンク( https://sonaeru-san.com/ )を明記いただければ、問題ありません。

ブログ内でご紹介する製品は、病気の診断、治療、治癒、予防、あるいは生命の保護を保証するものではありません。 当方は医療従事者ではございません。商品の選択、ご購入、使用に関しては、ご自身でご判断いただくか、かかりつけ医にご相談して頂きますよう、お願い申し上げます。

当記事は海外サイトからの引用が含まれます。出来る限りエビデンスが確認できる情報を掲載しておりますが、エビデンスを確認し切れない場合もございます。最終的な情報の精査は、ご自身のご判断になりますことをご了承下さい。

(ーーここから記事の内容になります。一部割愛、要約、追記しました。注釈部分は私個人の意見です。ーー)

ジョンズ・ホプキンス大学(NIH)の研究により、妊娠中のアセトアミノフェン(タイレノール)の使用は、子どものADHDと自閉症のリスクを高めることが明らかになりました。

この研究結果は、JAMA Psychiatry誌に掲載されました。


このことが、罪悪感や落胆の原因にならないようにしてください。

親として、この情報を聞くのは、すでにタイレノールを飲んでしまった方にとっては、最初はとてもつらい事実かもしれません。

しかし、情報があれば、行動を起こすことができ、ひいては他の人を助けることに繋がります。

これまでの研究では、妊娠中の母親のアセトアミノフェン使用と、以下のような小児期の有害事象のリスク増加との関連が見つかっていました。

・多動や注意力低下

・衝動的な行動の制御が困難であるADHDなどの神経発達障害

・自閉症スペクトラム障害(複雑な発達障害で、社会性、コミュニケーション、行動様式に影響を及ぼす可能性がある)


研究者たちは、996人の出生児から臍帯血(さいたいけつ)を採取し、その中のタイレノールと2種類の副産物の濃度を測定しました。

赤ちゃんが8〜9歳になるまでに、タイレノールの濃度が最も高い赤ちゃんには、次のようなことがありました。

・ADHDのリスクは2.86倍
・自閉症のリスクは3.62倍


ブルームバーグ大学人口家族生殖医療学部の教授で、この研究の責任著者であるXiaobin Wang氏は「一般に、タイレノールは良性であり、頭痛、発熱、痛み、苦痛に安全に使用できると考えられています」と述べています。

さらに、

「我々の研究は、これまでの研究で提起された懸念、つまり妊娠中の子宮内でのタイレノール曝露と自閉症やADHDのリスク上昇との間に関連性があることを、裏付けるものである。」と続けました。

そもそも、70年代と80年代には、妊娠中にタイレノールを使ってはいけないと言われていたはずです。何も飲んではいけないと言われたのです。たった数十年の間に何が変わったのでしょうか?

この警告は、生まれてすぐの赤ちゃんや乳児や子供に(直接)、タイレノールを与える場合を含みます。

タイレノールは、体内で最大の抗酸化物質であるグルタチオンを奪い、硫黄の貯蔵量も奪ってしまうからです。

ワクチン接種をした場合は、子供にはタイレノールを使わないでください。

なお、NAC(N-アセチル・Lシステイン)は、タイレノールの「解毒剤」であり、タイレノールの過剰摂取に使用されます。

(ここまでが記事の内容です。)

では今日はこの辺で。

皆さんの健康が守られますように!

胎内でのタイレノール曝露とADHDおよび自閉症の関連性を示す研究結果。」への2件のフィードバック

  1. kかるでぃん

    備えるさん、いつもためになる情報をありがとうございます!

    タイレノールという薬を今まで聞いたことがなかったので、調べてみました。
    タイレノールはカロナールと同じポジションであり、カロナール300mgに匹敵するとのことでした。
    大体カロナールにしておけば問題ないだろうという過去の認識が
    一変する記事ですね。
    しかも、ワクチン接種後の副反応への対処も、妊婦さんに対してもこれらアセトアミノフェンは『推奨』とされています。

    いや〜…かなり人間シマッていかないと、やられますね(^_^;)

    備えるさんにとてもお聞きしたいことがあるのですが、
    動画内容にもかぶらない事なので、どうしたものかと思っています。
    ざっくりいうと、“デクラスっぽいですがこの事アメリカで記事になってましたか?”という、内容のフェイクか否かの確認です。
    備えるさんの動画に出てきてもおかしくない位のことなんだけどなと
    思い、お聞きしようと思いました。

    返信
    1. sonaerusan 投稿作成者

      Kかるでぃんさん
      ご紹介する記事は海外記事からの引用ではありますが、その引用元は、医療論文であったり、メディアバイアスチャートで「中立」(とされている)ところからの引用で、エビデンスが明確でないものは余程の事でなければ載せないようにしています。今回の記事も、医学論文を確認出来たので引用致しました。
      私が記事にするものは個人がツイッターやブログで発信しているモノを取り上げません。いつもエビデンスを確認してから発信しています。発信する者としての最低限の礼節かな、と。個人が適当に発信している情報など、無責任に拡散出来ませんよ(^^;) ちなみに、タイレノールは世界中で流通しているアセトアミノフェン系解熱剤です。タイでもアメリカでも、その辺のコンビニで買える程度の薬です。

      返信

kかるでぃん へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。