恐れていたことが現実に起き始めている…COVID-19ワクチンの導入後、英国で子どもの死亡が急増している。

投稿者: | 2021-12-03

【参考記事】

https://www.afinalwarning.com/567925.html

当ブログの一部、及び全部を無断転載、転送、再編集など行なうことはお控えください。 商用目的ではない個人ブログやYoutubeを含むSNS等での引用は、こちらのブログ元のリンク( https://sonaeru-san.com/ )を明記いただければ、問題ありません。

また、ブログ内でご紹介する製品は、病気の診断、治療、治癒、予防、あるいは生命の保護を保証するものではありません。 当方は医療従事者ではございません。商品の選択、ご購入、使用に関しては、ご自身でご判断いただくか、かかりつけ医にご相談して頂きますよう、お願い申し上げます。

(ーーここから記事の内容です。一部割愛・要約しました。注釈部分は私個人の意見です。)

【イギリス:ワクチン導入後、子供の死亡が急増している。】

英国で12歳から15歳までの子供たちにコロナウイルス(COVID-19)ワクチンが展開された後の数週間で、同年齢層の子供たちの間で記録されたこの病気による死亡数が急増しました。

これは、英国国家統計局(ONS)のデータによるものです。同局は、性別・年齢層別の平均死亡者数を示すデータを毎週発表しています。

2015年から2019年にかけて、10歳から14歳の子どもでは、第38週(9月下旬)から第45週(11月上旬)の間に平均41人の死亡者が出ています。

同じ期間内の、2021年の週ごとの数字を確認すると、59人の子どもが亡くなっています。これは、5年間の平均に比べて43.9%の死亡者数の増加を示しています。

https://dailyexpose.uk/2021/10/28/child-deaths-62-percent-higher-since-covid-19-vaccination-began/


死亡者数が最も多かったのは、ワクチン投与開始から2週間後の第40週でした。この週には11人の子どもが死亡しています。同期間中の過去5年間の平均は4人でした。これは、死亡者数が175%増加したことを意味します。

5年間の平均規模では、38週目から45週目までに、10歳から14歳までの男子24名、女子17名が死亡。2021年の同時期には、同じ年齢層の男子34人、女子25人が死亡。これは、男子の死亡数が42%、女子の死亡数が47%増加したことを意味します。

男女ともに最も死亡率が高かったのは第40週で、男子7名、女子4名が死亡し、5年間の平均と比べて250%と100%の増加となりました。

Life Site NewsのDavid McLoone氏は、

「この数字は少ないように見えるかもしれませんが、注目すべき点は、過去5年平均と比較して死亡者数が急激に増加していることだ。」と指摘しています。

「例えば、コロナワクチンが導入される前の16週間では、死亡者数の増加は約3.9%に過ぎず、その後の週に比べて10分の1に減少している」とMcLoone氏は書いている。

“子供たちに注射が使われ始めてから死亡者数が増加するパターンがあるものの、死亡原因は公表されていない。”

【イングランドにおけるCOVID-19の感染率は、5~9歳の子どもで最も高い。しかし…】

注目の画像
https://www.lifesitenews.com/news/uk-sees-44-increase-in-child-deaths-after-jab-rollout-for-young-teens-data-shows/

イングランドでは、COVID-19に罹患していると報告される子どもの数が急増しています。同国におけるCOVID-19の感染率は、現在、5歳から9歳の学童で最も高くなっています。彼らがトップの年齢層になる前は、イングランドでは中学・高校の子供たちが最も多くCOVID-19に感染していました。

この情報は、英国保健安全局(UKHSA)からの引用です。同庁の最新の報告書によると、5歳から9歳の子どもの間では、10万人あたり723人のCOVID-19感染者がいることがわかりました。前週は、10万人あたり484.5人でした。

10歳から19歳の子供とティーンエイジャーでは、10万人あたり694.2件で、前週の571.7件から増加しています。

英国のいわゆる健康専門家は、若年層の感染者や死亡者の急増に対する唯一の解決策は、予防接種を推進し続けることだと主張しています。

UKHSAのデータ・アナリティクス・サーベイランスグループの責任者であるスティーブン・ライリーは、「これまで以上に多くの人が2回目の接種やブースター接種の対象となっており、ワクチン接種やブースタージャブの提供を受けたらすぐに受けることがこれまで同様に重要です」と述べています。

しかし、マクローン氏は、より多くの子供たちにワクチンを接種することが、感染者や死亡者の増加につながっていると考えています。

「COVID-19のリスクが極めて低いにもかかわらず、幼児へのワクチン接種が推進されています。」とマクローン氏は述べ、このことと、何千件もの重篤な有害事象の報告と、ワクチン接種後の死亡例とが相まって、多くの専門家が子供たちに実験的な注射をしようとしている実態を批判しています。

(ーーここまでが記事の内容です。ーー)

被害がついに子供達に広がってきている。

本当に子供を守るものは何か?を、大人達は何が子供を守るのかよく考えて欲しいと思います。

「子供にワクチンを打った後、その子を亡くした遺族たちの声」は、殆どテレビでは報道されていません。そこに違和感を持って欲しいです。

どうか、しっかりとお調べになり、子供に打つ必要があるのかどうかを、親御様には、今一度よく考えて頂きたく思います。

では、今日はこの辺で。

皆さんの健康が守られますように!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。