Googleの社員、数百人がコロッケ竹輪の義務化拡大に反対するマニフェストに署名。

投稿者: | 2021-11-26
契約, 署名, リース, 廃棄, 契約, 契約, 契約, 契約, 契約, 署名
https://pixabay.com/

【参考記事】

https://www.cnbc.com/2021/11/23/google-employees-sign-manifesto-against-widened-vaccine-mandate.html

当ブログの一部、及び全部を無断転載、転送、再編集など行なうことはお控えください。 商用目的ではない個人ブログやYoutubeを含むSNS等での引用は、こちらのブログ元のリンク( https://sonaeru-san.com/ )を明記いただければ、問題ありません。

また、ブログ内でご紹介する製品は、病気の診断、治療、治癒、予防、あるいは生命の保護を保証するものではありません。 当方は医療従事者ではございません。商品の選択、ご購入、使用に関しては、ご自身でご判断いただくか、かかりつけ医にご相談して頂きますよう、お願い申し上げます。

(ーーここから記事の内容です。一部割愛・要約しました。注釈部分は私個人の意見です。)

CNBCが閲覧した社内通信によると、グーグルの従業員数百人が、拡大されたCovidワクチンの義務化に反対するマニフェストに署名し、配布したという。
Googleのグローバルセキュリティ担当副社長は、連邦政府との契約に直接または間接的に関わるすべての従業員は、自宅で仕事をしていてもワクチン接種が必要になると述べています。
Googleのリーダーシップは、ワクチン接種を拒否する従業員と、医療契約を獲得するためのバランスを取るという課題に直面しています。

ーーー
Googleの従業員数百人が、同社のCovidワクチン接種義務化に反対するマニフェストに署名し、配布している。これは、従業員を直接オフィスに戻すための重要な期限に近づいているリーダーにとって、最新の課題となっている。

バイデン政権は、100人以上の従業員を抱える米国企業に対し、1月4日までに従業員が完全にワクチンを接種するか、定期的にCovid-19の検査を受けるよう命じている。 これに対し、CNBCが閲覧した内部文書によると、グーグルは15万人以上の従業員に対し、出社する予定があるかどうかにかかわらず、12月3日までにワクチン接種状況を社内システムにアップロードするよう求めているという。

また、政府との契約に直接または間接的に関わる従業員は、たとえ在宅勤務であってもワクチン接種が必要だとしています。

Google社のセキュリティ担当副社長であるクリス・ラッコウ氏は、10月末に送信したメールの中で、「ワクチンは、すべての人が安全に職場復帰できるようにし、地域社会におけるコヴィド-19の蔓延を最小限に抑えるための鍵となります」と書いています。

ラッコウ氏は、同社はすでに要件を実施していたため、バイデン氏の大統領令からの変更は “最小限 “であると述べている。彼のメールでは、従業員が宗教的信念や病状などの理由で免除を申請する期限を11月12日とし、例外はケースバイケースで認められるとしている。

少なくとも600人のグーグル社員が署名したグーグル社内のマニフェストは、会社のリーダーに対して、ワクチンの義務化を撤回し、「すべてのグーグル社員を含む」新しい義務化を行うよう求めており、リーダーの決定がアメリカの企業に大きな影響を与えると主張しています。また、「原則として義務化に反対する」ことを従業員に呼びかけ、すでにコビットワクチンを接種しないことを選択している従業員には、この方針によって自分の判断を変えないようにと伝えています。

https://www.cnbc.com/2021/11/23/google-employees-sign-manifesto-against-widened-vaccine-mandate.html
良い, 悪い, 反対, 選択, 選ぶ, 決断, ポジティブ, 語, サイン

この文書に署名したのは、グーグル社の全従業員のごく一部に過ぎませんが、職場復帰の期限が近づくにつれ、その機運が高まる可能性があります。同社の従業員のほとんどは、1月10日から週に3日、物理的なオフィスに戻ることになっている。

このマニフェストは、グーグルの社員がいかに異常に率直であるかを示す最新の例でもある。彼らはこれまでにも、政府との契約からカフェテリアの食事の変更まであらゆることを議論し、時には会社の方針転換を促してきた。例えば、2018年には、人工知能が死の目的に使われる可能性があると一部の社員が訴えたため、同社は国防総省との人工知能に関する契約を更新しなかった。

Googleの広報担当者は、同社がその方針を支持していると述べています。「全従業員とこの文書の著者に述べたように、当社の予防接種要件は、従業員の安全を守り、サービスを継続するための最も重要な方法の1つです。私たちはワクチン接種のポリシーをしっかりと守っています。”

義務化のジレンマ
ワクチン接種は、グーグルだけでなく、アメリカの企業全般にとってのジレンマです。ジョンズ・ホプキンス大学のデータによると、コヴィド-19ウイルスはアメリカで772,570人の死亡に貢献しています。ワクチン接種は、入院や死亡を高いレベルで防ぐ効果があることが証明されているにもかかわらず、未だにワクチンを接種していない6,000万人以上のアメリカ人に初回接種を受けさせるための説得に苦慮しています。

7月、サンダール・ピチャイCEOは、オフィスに戻る人には予防接種を義務付けると発表しました。10月、ピチャイCEOは、本社近くのサンフランシスコ・ベイエリアのオフィスでは最大30%の社員が戻ってきており、ニューヨークのオフィスでは半数近くの社員が戻ってきていると述べました。また、予防接種を受けたくない社員は、リモートで仕事を続けることができるとも述べています。

同社は、従業員にワクチン接種を勧めるために、他の手段も講じています。例えば、グーグルのデータセンター担当副社長であるジョー・カバは、マニフェストによると、米国のデータセンターで働く従業員を対象に、5,000ドルのワクチン接種奨励スポットボーナスを発表しました。

https://www.cnbc.com/2021/11/23/google-employees-sign-manifesto-against-widened-vaccine-mandate.html

ということで・・・

ヨガ, 瞑想, ヴィパッサナー, 人, 男, エネルギー, 癒し, 平和, 太陽
https://pixabay.com/

グーグルのような「世界的大手企業」でも、打ちたくない人は「打ちたくない」という意思表明をしています。

あなたは、自分の人生を、誰に託すのですか?

誰かに託している場合ですか?!

あなたが勤めている会社は5年後、10年後も、ありますか?

勇気を出して!!!

お願いです。

自分の思った通りに生きよう!!!

では今日はこの辺で。

皆さんの健康が守られますように!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です