大規模なサイバー攻撃を受け、イラン全土のガソリンスタンドが機能不全に陥る。

投稿者: | 2021-10-28
悪意のあるコード, ウイルス, ハッカー, サイバー犯罪

【参考記事】

https://www.jpost.com/breaking-news/iran-gas-stations-hit-by-cyber-attack-report-683141

https://www.presstv.ir/Detail/2021/10/26/669304/Iran-gas-stations-outage-cyber-attack

当ブログの一部、及び全部を無断転載、転送、再編集など行なうことはお控えください。 商用目的ではない個人ブログやYoutubeを含むSNS等での引用は、こちらのブログ元のリンク( https://sonaeru-san.com/ )を明記いただければ、問題ありません。

また、ブログ内でご紹介する製品は、病気の診断、治療、治癒、予防、あるいは生命の保護を保証するものではありません。 当方は医療従事者ではございません。商品の選択、ご購入に関しては、ご自身でご判断いただくか、かかりつけ医にご相談して頂きますよう、お願い申し上げます。

ーー以下ニュースの内容です。一部割愛しました。注釈部は私個人の意見です。ーー

イランは、26日(火)に国内のエネルギーインフラが大規模なサイバー攻撃を受けたことを発表しました。これにより、国が補助金を出している全国のガソリンスタンドが機能しなくなり、多くの町や都市でガソリンを入れるために非常に長い列が観察されました。

イランガス価格298.88(クレジット:AP)
イスラエルポストより画像お借りしました。


イランのメディアは、ハッキングされた国のコンピュータシステムに、”ガスはどこでしょう!?”という言葉でアヤトラ・アリ・ハメネイに宛てたメッセージが表示されたと報じている。

エルサレム・ポスト紙によると、イラン政府はすでにアメリカやイスラエルの侵入を疑っているという。

「正確な詳細はまだはっきりしていないが、サイバー攻撃とされるものが、アメリカ、イスラエル、あるいはイラン国内のさまざまな反体制派からのものであるかどうかについては、すでにさまざまな憶測が飛び交っている」とのこと。

また、資金力のあるイランの野党・反体制派グループ、すなわちMEK(People’s Mujahedin of Iran)の可能性もありますが、MEK自体、イスラエルの諜報機関モサドと連携していることが知られています。

イランの国営メディアは、重要なエネルギーシステムがハッキングされたことを確認した上で、ガソリンスタンドの問題の一部は、解決され始めたと火曜日に発表しました。

地元の通信社によると、イランの主要都市のガソリンスタンドの前にできた長蛇の列は、石油省当局がオフラインでの燃料供給を可能にするためにチームを現場に派遣したことで解消されたという。

イラン国立仮想宇宙センターも「サイバー攻撃によりオンライン燃料供給システムが標的となった」ことを確認する声明を発表し、その後「関連部門が問題の解決に取り組んでおり、燃料配送サービスは数時間以内に通常に戻るだろう」と公式声明を発表した。

米国議会議事堂のイルハン・オマル(D-MN)(L)は、米国東部のHR 1または人民法に投票する前に、仲間の民主党員との集会中にナンシー・ペロシ下院議長(D-CA)と話し合います。 2019年3月8日、ワシントンDCの議会議事堂。 (AFP写真)
イランのファールス通信社が撮影した写真は、2021年10月26日に報告された短時間の停止の後、テヘランのダウンタウンにあるガソリンスタンドで運転手がタンクを満タンにしていることを示しています。press TVより画像お借りしました。

AP通信によると、ハッカーは、イスラム法に関連した問題を扱うハメネイ師の事務所が直接運営しているホットラインとして知られる電話番号を掲載していたという。

国営テレビは、石油省の担当者がこの問題を解決するために「緊急会議」を開いていると伝えた。また、補助金カードのネットワークに入っていない、現金払いのみのガソリンスタンドでは、給油を続けているところもあった。

「64411」という数字が使われたのは、7月にイランの鉄道システムを狙った攻撃でも同じ数字が表示されていたことを反映したものです。イスラエルのサイバーセキュリティ企業であるチェック・ポイント社は、この列車への攻撃は、ヒンドゥー教の戦いの神にちなんでインドラと名乗るハッカー集団の仕業であると発表しました。

狙われたのは、政府が補助金付きの燃料を配給するために使用しているオンラインシステムのようです。このシステムでは、国民は毎月60リットルのガソリンを15,000リアル(0.54ドル)で購入できます。

特定のグループや国が犯行声明を出しているわけではありませんが、アメリカを中心とした経済制裁で完全に孤立している中、国民の反感を買うために行われたことは明らかです。

https://www.jpost.com/breaking-news/iran-gas-stations-hit-by-cyber-attack-report-683141

(ーーここまでが記事の内容になります。ーー)

さて、中東情勢が不安定になると、日本の石油価格は上がる一方です。

下のグラフはe燃費さんというサイトからのグラフですが、右肩上がりですね、ガソリン代。。。

https://e-nenpi.com/gs/price_graph/1/1/0/ e燃費さんよりグラフお借りしました。

でも、給与は据え置き…という、スタグフレーションまっしぐらな感じしかしない日本。

このまま順調に200円の大台に乗ってしまう日はくるのでしょうか…

ちなみに私は、日本に戻った時ように「自転車」を買いました~!

20年近く乗ってませんので、練習が必要な気がします…

では今日はこの辺で。

皆さんの健康が守られますように!

大規模なサイバー攻撃を受け、イラン全土のガソリンスタンドが機能不全に陥る。」への2件のフィードバック

  1. yasufit

    令和日本で生き残る為のチャンネル(ヨウツベ)で資源エネルギー庁が警告。というのがあります。
    良かったら見てみてください。でわでわ。

    返信
    1. sonaerusan 投稿作成者

      スゴイ情報ありがとうございます!またも、政治家たちは「こっそり」警告出してるんですね。いつものやり方ですが…。

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です