ホワイトハウス、5歳から11歳までの2,800万人の子どもたちに枠陳を接種する計画を詳述。

投稿者: | 2021-10-25
FILE - In this May 19, 2021 file photo, Pfizer COVID-19 vaccine doses are prepared for members of the community 12 years and up, at a clinic held by Community of Hope, outside the Washington School for Girls in southeast Washington. Kids aged 5 to 11 will soon be able to get a COVID-19 shot at their pediatrician’s office, local pharmacy and potentially even their school. The White House is detailing plans Wednesday for the expected authorization of the Pfizer shot for younger children in a matter of weeks.  (AP Photo/Jacquelyn Martin, file)
AP通信より、画像お借りしました。

【参考記事】

https://apnews.com/article/coronavirus-pandemic-business-health-coronavirus-vaccine-bf6e5c8725aca6c757b129dad8f96926 (AP通信)

当ブログの一部、及び全部を無断転載、転送、再編集など行なうことはお控えください。 商用目的ではない個人ブログやYoutubeを含むSNS等での引用は、こちらのブログ元のリンク( https://sonaeru-san.com/ )を明記いただければ、問題ありません。

また、ブログ内でご紹介する製品は、病気の診断、治療、治癒、予防、あるいは生命の保護を保証するものではありません。 当方は医療従事者ではございません。商品の選択、ご購入に関しては、ご自身でご判断いただくか、かかりつけ医にご相談して頂きますよう、お願い申し上げます。

(ーーここから記事の内容になります。一部割愛しました。注釈部は私個人の意見です。ーー)

ホワイトハウスは水曜日、5歳から11歳までの子どもたちが、小児科医院や地元の薬局、さらには学校でCOVID-19の注射を受けられるようになると発表しました。

これは、数週間以内にファイザー社の注射が小学校の子どもたちに認可される予定であることを踏まえた計画です。

連邦政府の規制当局は、今後2週間にわたって会合を開き、小学校に通う約2,800万人の子供たちに低用量の予防接種を行うことの安全性と有効性を検討する予定です。

正式な承認は、米国食品医薬品局(FDA)が署名し、米国疾病管理予防センターの諮問委員会が11月2〜3日に開催された後、数時間以内に数百万人分の注射が全国の医療機関に配布され、幼児への注射に必要な小さな針も用意される予定です。

(注釈:11月初旬には施行出来るようにする算段、ですね。)

その数日後には、ワクチンが大規模に投与されることになります。

ホワイトハウスのCOVID-19コーディネーターであるジェフ・ザイアンス氏は、

「5歳から11歳までの子供たちへの予防接種を確実に、簡単に、便利に提供するための運営計画を完了しています。FDAとCDCの決定を待って、私たちは準備を整えます。」と述べています。

スターリング・ランソン博士によると、バージニア州のデルタビルにある彼のオフィスには、すでに子供の予約を求める電話や、”今すぐ注射してほしい “という声が寄せられているという。

アメリカ家庭医学会の会長であるランソン氏は、「電話の数から判断すると、最初の数週間は大忙しになると思います」と述べています。

注射器, ピル, カプセル, モルヒネ, 針, 液体, 薬, 医学, 処理

5歳以下の子供については、ファイザー社とモデナ社が生後6ヶ月までの子供を対象にワクチンの研究を行っており、その結果は年内に発表される予定です。

バイデン政権は、12歳以下の子供への予防接種の拡大は、10ヶ月前のワクチン展開の開始時のようにはいかないだろうと述べていますが、当時は限られた量と不十分な設備のために、多くのアメリカ人が苦しい思いをしていました。

政府関係者によると、ファイザー社製のワクチンは十分な量が用意されており、今後対象となる子供たちに接種することができるとのことで、数ヶ月前から広く接種できるように取り組んでいます。ホワイトハウスの発表によると、承認後の最初の1週間で約1,500万回分のワクチンが全米の医療機関に出荷される予定です。

ホワイトハウスによると、すでに成人に接種している何万ものドラッグストアに加えて、2万5千以上の小児科医やプライマリ・ケア・プロバイダーが、小学生にワクチンを投与することに署名しているという。

また、学校や地域に密着した何百もの診療所が、連邦緊急事態管理庁の資金援助を受けて、迅速な対応をします。

ホワイトハウスでは、予防接種の安全性とその受けやすさについて、親や子どもたちへの啓蒙活動を強化しています。大人の予防接種と同様に、ホワイトハウスは、教育者、医師、地域のリーダーなど、信頼できるメッセンジャーが予防接種を促進するために不可欠であると考えています。

子供がCOVID-19で重症化するリスクは高齢者に比べて低いが、CDCによると、米国では18歳以下の少なくとも637人がこのウイルスで死亡している。米国小児科学会によると、米国では600万人の子供が感染しており、そのうち100万人は、より感染力の強いデルタ型が広がった9月初旬以降に感染したという。

保健当局は、ワクチン活動を拡大することで、憂慮すべき子供たちの感染を抑制するだけでなく、脆弱な大人へのウイルスの拡散を抑えることができると考えています。また、学校の開校や若者の学業への復帰にも役立ち、パンデミックからの国全体の復興にも貢献できると考えています。

12歳以上のアメリカ人でCOVID-19の予防接種を受けた人は約2億1900万人、つまり全人口の66%にのぼり、約1億9000万人が完全に予防接種を受けているという。

(ーーここまでが記事の内容です。ーー)

さて、勇気ある「反枠派」の医師、科学者、専門家の話では、

枠陳を摂津した方が突然変な病気を発症したり、バタバタとタヒんでいくまでの時間は「おおよそ2~3年」という方が多いです。

ということは、、、

2~3年すると、「あれ、おかしいぞ。打った人が変な病気になってタヒんでいく。。。」となる。

そうなれば、流石に洗脳されて摂津してしまった人達も、嫌でも気が付きます。

「摂津は間違っていたのだ…」ということに。

支配者達としては、バレる前に、つまり、2~3年以内に出来る限り多くの人間に摂津する必要がある訳ですね。

摂津さえさせてしまえば、もうあとは「知りませーん」「存じませーん」「因果関係は不明でーす。」で、逃げ切り御免するだけですから。

今から2~3年(2022~2024年ぐらいと予測します。)に子供への「圧力」も、相当なものになると考えておくべきでしょう。

私は今、自宅で子供を教育出来るように、準備を進めています。

買える限りの本、教材、そして私自身が学ぶための本、文房具、辞書、図鑑…

(摂津してないと、図書館も利用不可とされる可能性ありますので。)

学校に通えなくなる可能性に備えて。

親子供の人生を守れるか否かも、親の情報力にかかっている。

テレビの情報を鵜呑みにせず、自分で調べて下さい。我が子を守る為に。

それでは今日はこの辺で。

皆さんの健康が守られますように!

ホワイトハウス、5歳から11歳までの2,800万人の子どもたちに枠陳を接種する計画を詳述。」への2件のフィードバック

  1. Keiji Yoshikawa

    ロン・デ・サンティス知事は日曜日、カリフォルニアで貨物を降ろせなくなった船や、COVID-19ワクチン接種の義務化で全国的に職を失っている警察官を、フロリダは受け入れる準備ができていると述べた。
    https://gettr.com/post/pf238k7536
    https://www.newsmax.com/politics/desantis-florida-covid-police/2021/10/24/id/1041752/
    これは一つの希望ですか。
    英語の読解力がない私です。

    返信
    1. sonaerusan 投稿作成者

      希望かも知れませんね!情報ありがとうございます!
      フロリダがマッチポンプで無いことを願いつつ…

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です