出血、鼻血を止める、血栓を自然に抑制する。

投稿者: | 2021-09-12
clot forming in vessel

【参考記事】

【目次】

  1. 子供達の間で広がる「鼻血」や、その他「出血」について。
  2. より自然な方法で、出血を防ぎ、血栓を溶かす。
  3. 血栓を自然に溶かすハーブ5種。エッセンシャルオイルで自然に鼻血を止める方法。
  4. 【まとめ】子供達を取り巻く環境は、しばらく悪化しますので、しっかり情報を取り対策をしましょう。
  当ブログの一部、及び全部を無断転載、転送、再編集など行なうことはお控えください。 商用目的ではない個人ブログやYoutubeを含むSNS等での引用は、こちらのブログ元のリンク( https://sonaeru-san.com/ )を明記いただければ、問題ありません。 また、ブログ内でご紹介する製品は、病気の診断、治療、治癒、予防、あるいは生命の保護を保証するものではありません。 当方は医療従事者ではございません。商品の選択、ご購入に関しては、ご自身でご判断いただくか、かかりつけ医にご相談して頂きますよう、お願い申し上げます。  

1, 子供達の間で広がる「鼻血」や、その他「出血」について。

(ここから参考記事の内容になります。一部要約・割愛しました。)

【血管内で形成される血栓】
体内で、(和9陳セッタネによる)血栓を形成するプロセスが動き始めてしまうと、体は、もはやウイルスとの戦いではなく、血栓形成プロセスとの戦いになると、この研究の研究者は述べています。

「子供が学校でマスクをしなければならない…」そのような状況にある子供の母親は、子供達の間で頻繁に「鼻血」が出ている、といいます。

鼻血が出るのは、マスクによる鼻腔の乾燥が原因かもしれませんが、もっと別の原因が考えられます。

多くの研究により、COVID-19の最も深刻な影響である出血や異常な血液凝固は、ウイルスのスパイクタンパク質自体の影響によるものであることが明らかになっています

【和9珍への暴露による出血】

「和9珍」は、接種者に何十億ものスパイクタンパク質を生成させるので、これらのワクチン接種者は「スパイクタンパク質の粒子の一部を親しい人に感染させ」て、周囲の人に害を及ぼすことになります。

このような排出は、これらの注射を受けた親や教師の近くにいる子供たちを脆弱にします。

20歳以下の生存率が99.997%であることを考えれば、COVID-19の若年層への脅威は「ほぼ無い」というのが正しい表現ですが、多くの人が、ワクチンを接種した人の近くにいることで、子どもへの影響があるのではないか?と懸念しているのです。

予防接種を受けた大人との接触が原因である可能性が高いにも関わらず、子どもの感染・発症の原因は『変種』に関係している!』と推測されてします危険性さえあります。(注釈:つまり子供にもゆくゆくは和⑨陳を打つ算段。)

自己拡散するワクチンは神話ではありません。ジョンズ・ホプキンス大学が作成したこのPDFの45ページ目には、自己拡散型ワクチンがすでに存在し、”各個人に接種しなくても “ワクチンを広めるために使用されていることが明らかにされています。

更にPfイザー社は、mR〇A注射を受けた人間が「他の人と直接接触を受した時」に感染することを公に認めています。[クリックしてPDFを見る:職業上の暴露(69ページ)を参照)。

2,出血を防ぎ、血栓を溶かす多くの自然な方法。


以下の内容のほとんどは、自然療法、機能療法、補完医療の現場で、この種の血管障害に対して日常的に使われているものです。

1. チアミン(ビタミンB1)

チアミンが欠乏すると、静脈血栓症や静脈内の血栓が生じます。ICUでは、チアミンを投与されたコロ助の患者は、血栓症(血の塊)になる可能性が81%低くなっています。

興味深いことに、ワクチン接種後のCOVID-19の再発は、チアミンB1の欠乏によって説明することが出来ます。


研究によると、ビタミンB群(チアミンを含む)を1日1回摂取することは、予防プロトコルの一部として、あるいはCOVID-19を管理するために必要です。


2. タンパク質分解酵素。

フィブリンは、血栓の形成を助けるタンパク質です。タンパク質分解酵素は、余分なフィブリンが異常な血栓を作るのを防ぐ働きがあります。

タンパク質分解酵素は、タンパク質を分解する作用があり、この場合、血栓の一部分の溶解を促進し、血流の回復による創傷治癒を促進する可能性があります。

また、たんぱく質分解酵素がスパイクたんぱく質を無害化する可能性もあると考えられています。

ナットウキナーゼは、200種類以上の食品の中で、最も強力なフィブリン分解酵素であると考えられています。ナットウキナーゼはプラスミンと同じように、血栓内のフィブリンを溶かす働きがあります。

ブロメラインはパイナップルから抽出された酵素で、消化剤としてよく知られていますが、フィブリンを分解する酵素も多く含まれています。ブロメラインは、ナットウキナーゼとは異なり、すでに産生されてしまった血栓を溶かす効果はありませんが、過剰な血栓の予防には効果的で、血流に吸収されやすいという特徴があります。

セラペプターゼは、蚕から分離されたタンパク質分解酵素で、フィブリン溶解作用と抗炎症作用を顕著に示しています。セラペプターゼも、血栓の形成を防ぐ効果がありますが、既にできてしまった血栓を溶かす効果はナットウキナーゼには及びません。

(注釈:納豆が、最強。とにかく納豆食べましょう。)

3,血栓を自然に溶かす5つのハーブ

ハーブは医薬品よりも穏やかに作用する傾向があり、望ましい結果に向けて少しずつ、しかし確実に変化していきます。 (もちろん、例外もあります。) 神から与えられたハーブは、時間をかけて体の自然治癒力を高めていきます。単離された化合物ではなく、植物全体(または植物の一部)を使用しているため、毒性のリスクも低くなっています。

1. ナツシロギク

研究によると、抗血栓作用があるので、血栓の形成や成長を防ぎ、心臓発作や脳卒中による死亡リスクを軽減することができます。

2. ショウガ(1日2粒)(注釈:2粒というか、2かけという意味だと思います。)

ジンジバインという特殊なタンパク質分解酵素が含まれており、タンパク質を化学的に分解して血栓の形成を抑える働きがあります。

生姜のしぼり汁4g(または小さじ1杯)を1日2~3回、2~3ヶ月にわたって摂取したところ、重度の心血管障害を持つ患者に対して、血栓症、血液凝固速度の低下、大きな血栓の形成とその移動の防止など、素晴らしい効果が得られたというデータもあります。

3. ターメリック

炎症を抑えるスパイスで、安全で自然な抗凝固剤・抗血小板療法として作用します。2012年の研究では、ウコンに含まれるポリフェノールであるクルクミンが、その抗凝固作用により血栓の発生を抑制することが証明されました。ウコンの摂取量や摂取方法についてのアイデアをご紹介します。

(注釈:そういえば、日々飲んでいるもので、私自身はターメリックパウダーを小さじ1程度、プロテインに混ぜて飲んでいます!書き忘れていました💦)

4. 高麗人参

内服、外用ともに、鼻血、肺、消化管、子宮からの出血に使用されます。 ベトナム戦争時には、北ベトナムで銃創の回復率を高めるために多用されました。 高麗人参のような強壮作用があり、急性の状態では強い止血作用があるので、外傷や怪我には最も価値のある漢方薬の一つです。内服すると効果的に血栓を溶かし、ほとんどの異常出血に非常によく効きます。

5. シナモン

血栓が発生するのを防いだり、既存の血栓が完全な閉塞を形成して心臓発作や脳卒中につながるのを防ぎます。

スペシャルレシピ】スーパーフード・メキシカン・ホットココア

(注釈:スペシャルレシピと書いてありましたが、アメリカンなレシピなので好き嫌いは大いにあると思います。)

・お湯(沸騰していない状態)2カップ、またはココナッツミルクorアーモンドミルクorライスミルクorオーガニックホールミルク
・未精製ココナッツオイル 大さじ1
・1 TBSP(約15ml) 無糖のカカオパウダー(どのくらいチョコレートが好きかにより、多少の増減をして下さい。)
・ターメリックパウダー(小さじ1/2~3/4(お好みで多めに))
・黒コショウ 少々(ターメリックの吸収を良くするために必要です)
・カイエンヌペッパー(少々)またはお好みで
・マカパウダー(小さじ1、注釈:子供は不要だと思います!)

・チョコレートプロテインパウダー(小さじ1)

・ゼラチンパウダー(小さじ1、注釈:これも不要かと思います。)
・メープルシロップまたはハチミツ(小さじ1~2)またはステビア
・シナモンパウダー(小さじ1/2)
・ジンジャーパウダー(小さじ1/2ですが、お好みで。)
・ヒマラヤピンクソルトまたはシーソルト(ミネラルのために使用)小さじ1/2

シナモン、ジンジャー、ターメリックをまとめて高用量加えることができます。カイエンペッパーも出血に効果があるので、このレシピには入っています。

注意点:これらは手術の1~2週間前には中止すべきです。(注釈:手術の予定がある方はお気を付け下さい。)

【脳内での異常な血栓の形成と損傷を抑制するために】

スパイクタンパク質の「プリオン様領域」から脳内に血栓ができることがあります。スパイクタンパクは、血液脳関門に「穴」を開け、ALSの原因となるFUS遺伝子を改変したり、がんや前頭側頭葉変性症を引き起こす可能性があります」と述べています。

ナノゼオライトは、異常な血栓の形成を抑制することが研究されています。ナノゼオライトは血液をサラサラにするものではありませんが、毒素(スパイクタンパクなど)や重金属が血栓形成の根本的な原因となっている場合には、役立つはずです。

【楽天】ゼトックス 3,229円

https://a.r10.to/hD70Zq

アイハーブのゼオライトが売り切れの様なので、探してみたところ楽天で見つかりました。

我が家は年末に飛行機に乗る際、PCR検査で鼻をグリグリせねばならず「少しでも身体への悪影響を減らせるのであれば!」という思いで、アメリカの別のゼオライトリキッド製品と、楽天の上記製品「ゼトックス」を購入しました。

https://www.youtube.com/watch?v=iqg0kekIsmw

(私がアメリカで購入した製品は、こちらの動画↑で、ご紹介しています。)

決して安いものではありませんし、数値化されたデータがまだありませんので、自己責任でのご購入をお願い致します。

https://pubs.acs.org/doi/abs/10.1021/acsami.6b10941 

血栓を抑制する

(こちら↑は、ゼオライトがフィブリノーゲンを吸着するという論文です。)

【鼻血を止める自然な方法


・ヘリクリサム(ムギワラギク)のエッセンシャルオイルは、鼻血を瞬時に止めることで知られています。Axe博士は、ヘリクリサムを局所的に塗布することで、皮膚の表面下にある凝固した血液を分解し、血管の状態を改善し、炎症を抑えるなどの効果があると述べています。

サイプレスエッセンシャルオイルは「止血作用」があり、鼻血や傷口からの局所的な出血を止めるために必要な血液凝固を促進します。
凝固時間を早めるだけでなく、サイプレスオイルには収れん作用があるため、過剰な出血を抑える方法として組織を収縮させたり引き締めたりすることができます。

・レモンのエッセンシャルオイルも同様の働きをします。あらゆる切り傷、擦り傷、ちょっとした怪我に使用すると、以下の方法で止血することができます。

【必要なものは以下の通りです】

ボウルに水を入れ、上記のエッセンシャルオイルを加え、そこにタオルやガーゼを浸す。
水滴が垂れないように絞って、鼻全体(またはその他の凝固が必要な部分)に当てます。
必要に応じて、鼻の中央部を軽くつまんで圧迫し、凝固を促進させます。鼻血を止めるのに必要な時間は、ほんの数分です。

(ここまでが記事の内容になります。)

4,【まとめ】子供達を取り巻く環境は、しばらく悪化するでしょうから、しっかりと対策を。

頬、兄弟、ハッピー、隠れる、再生、帰、頬、仲間、頬

学校の先生が打った、幼稚園の先生が…、習い事の先生が…、と、子供達と密に接する人達が続々と「打って」いきます。

中には、子供達の安心・安全の為にと、良かれと思って(打ちたくないけど)打った人もきっといらっしゃるでしょう。ある意味、その方達の善意(かどうかは分かりませんが、善意もきっとあると思っています。)があったから、子供を預けて仕事に出られる、ということもまた事実なのです。

「どうして打ってしまったんだ!」と、そんなことは考えても仕方ありません。

考えても取返しの付かない事はもう考えるのは止めて、この状況で「では、どうするか?」ということを、どんどん考えていかなくてはなりません。

暴露・伝播、と言われる現象から、自分や家族、大事な人を守る為に、出来ることをしましょう!

一人でも多く健康を取り戻せるように(あるいは健康を維持出来るように)出来る限りの情報をシェアしたいと思います!

では今日はこの辺で。

皆さんの健康が守られますように!

出血、鼻血を止める、血栓を自然に抑制する。」への4件のフィードバック

  1. tiriakutasyozo

    コロナとは『化学物質と放射線の毒』に起因する症状 (4)
    https://plaza.rakuten.co.jp/555yj/diary/202109010002/

    基本に戻る「コロナは電波病」 (2)
    https://plaza.rakuten.co.jp/555yj/diary/202108270001/

    NACと亜鉛は効く
    https://plaza.rakuten.co.jp/555yj/diary/202109090003/

    接種者の(GOからの)放射線は未接種者を病気にする
    https://plaza.rakuten.co.jp/555yj/diary/202109060000/

    スパイクタンパクは放射性エクソソームでは?と考えています。

    狂牛病とかの異常プリオンも放射性物質と大体同じ性質です。(あれは骨髄にストロンチウムが溜まったから、牛骨粉)

    スパイクタンパクと言われるもののシェディングで皮下出血等も最近見られるようです。

    エボラみたいですね。あれも見境なき毒殺団や血十字架が放射性物質を打ち込みまくっただけでしょう。

    スピルリナやスギナ、味噌納豆等の発酵食品が放射性被曝には効くかと思います。

    日本酒とかもスパイクタンパクに効くというのは、単純に酒類には放射線防護効果があるからです。

    ゼオライトもだいたいケイ素みたいなもんですし、ケイ素は放射性被曝を劇的に改善したというスギナにも多いです。

    参考になれば。

    返信
    1. sonaerusan 投稿作成者

      とても詳しい情報を、教えて下さりありがとうございます!参考サイト、全て確認致します!それにしても、本当に「日本の食文化」は世界を救いますね(^^)

      返信
  2. tiriakutasyozo

    チェルノブイリの時に味噌汁がヨーロッパにかなり輸出されましたね。

    “チェルノブイリ原発事故、味噌に救いを求めた人々”
    https://miso-press.jp/study/arekore/10851/

    日本酒や焼酎は血栓を溶かす効果が強いです。

    放射線防護効果はビールの方が強いようですが。

    梅干しも血液をサラサラにします。

    玄米も放射性被曝に効きそうですね。

    放射線被曝、それによる血栓と酸化、これが今大きく人類を苦しめている要因ですが、基本的な日本食でかなり対応ができそうです。

    逆に効果的なので上が難癖つけて規制とかしそうなのが面倒くさいです。

    放射線被曝や酸化、ストロンチウムの排出にはマグネシウムがいいらしいです。

    これも日本食には多いですね。

    近年の野菜に含有されるマグネシウム等のミネラルの量は、土壌の質の低下により、数世紀前より格段に落ちているそうなので、サプリで補うのも必要かと思います。

    返信
    1. sonaerusan 投稿作成者

      知れば知るほど「日本の食文化の凄さ…」絶対未来に残さなくてはいけないと、強く感じました。
      本当に沢山の情報ありがとうございます!

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です