タコベル、原材料供給減の中、食材不足に見舞われる。

投稿者: | 2021-07-22
『タコス』 by yosh ++タコベル(マイクロネシアモール店)の..。
タコベル(Taco Bell)は、カリフォルニア州アーバイン市に本社を置くアメリカ合衆国の大手ファーストフードチェーンです。
 当ブログの一部、及び全部を無断転載、転送、再編集など行なうことはお控えください。 商用目的ではない個人ブログやYoutubeを含むSNS等での引用は、こちらのブログ元のリンク( https://sonaeru-san.com/ )を明記いただければ、問題ありません。 また、ブログ内でご紹介する製品は、病気の診断、治療、治癒、予防、あるいは生命の保護を保証するものではありません。 商品の選択、ご購入に関しては、ご自身でご判断いただくか、かかりつけ医にご相談して頂きますよう、お願い申し上げます。 

【目次】

  1. 米大手ファーストフードチェーン店で原材料不足発生。メニューのスリム化も…
  2. 鶏肉を半年分備蓄するチェーン店も現れる。
  3. 【まとめ】店舗が食糧危機に備えて備蓄を始める時代。個人でやれることは…

【今回のニュース:デイリーメール】

https://www.msn.com/en-us/foodanddrink/foodnews/taco-bell-hit-by-ingredient-shortages-amid-supply-constraints/ar-AAMmv3k

(以下、ニュースの内容になります。)

1,米大手ファーストフードチェーン店で原材料不足発生。メニューのスリム化も…

【全国的に食材が不足している中、タコベルのお客様は来店後も、お腹を空かせたままになるかもしれません・・・】

パンデミックの影響で、多くの工場が閉鎖に追い込まれ、農場で働く労働者の一時的なビザが制限され、交通機関の運行が滞ったため、全米で食糧不足が発生し、食品業界は再開したばかりのレストランやスポーツアリーナ、フードホールに追いつくのに必死です。

タコベルでは、同社のウェブサイトのトップに掲載されたメッセージで、メニューをスリム化したことを謝罪しています。

タコベルのウェブサイトでの発表は、材料不足に苦しんでいるチェーンのためにいくつかのメニュー項目が利用できないかもしれないと顧客に警告しました。
実際のホームページ。上部にあるオレンジ部分です。
私たちがあなたの現在の渇望を養うことができないならば申し訳ありません
国の食材不足や納期の遅れにより、一部商品が不足する場合がございます。」と書かれております。

「今のあなたの欲求を満たすことができなければ、申し訳ありません」とアナウンスされています。全国的な食材不足と配送の遅れのため、一部の商品が欠品している可能性があります」とのこと。

タコベルをよく利用する顧客は、ソーシャルメディアで地元のタコベルの悩みを拡散。

「肉、トルティーヤ、サワークリームからソーダやホットソースのパックまで、あらゆるものが不足している」

「今晩タコベルを食べたいと思っていた方、店舗までの運転は意味ないかも。チキンもビーフもないんだよ、全国的に不足しているとか何とか。。。」

「タコベルを注文したら、ソフトなトルティーヤが切れていて、硬いタコスが出てきた」

などと投稿する人もいました。

「タコベルでトルティーヤ、レタス、トマトがなくなっていた」と報告し、従業員から「新鮮なものはほとんどなくなっている」と言われたと述べています。

事情に詳しいユーザーによると、サプライチェーンの問題により、チェーン店で使用されている特定のモップヘッドや、ナプキンなど、さまざまな商品の配送が遅れているとのことです。

このような問題に直面しているのは、タコベルだけではありません。あるTwitterユーザーは、KFCに行ったところ、白身の肉とポテトが品切れになっていたと報告しています。

2,鶏肉を半年前から備蓄していたチェーン店も現れる。

タコベルの品切れのニュースは、ポパイズ社がチキンナゲットの新製品の展開に備えて冷凍チキンを6ヶ月間備蓄していたことを発表した1週間後に飛び込んできました。

サプライチェーンの問題が深刻化する中、フライドチキンチェーンは原材料の不足を未然に防ごうとしているようです。

パンデミック中の食肉加工の停滞を受けて鶏肉の需要が急増し、サプライヤーの対応に追われたり、レストランが再開されたりして価格が急騰しています。

「今は需要が非常に高く、個人消費も急増しているため、我々は適切な計画を立てています。」とSiddiqui氏はFortune誌に語っています。

どうやら問題は、製品そのものの不足ではないようだ。

むしろ、貨物船、列車、トラックなどのネットワークが、パンデミックによる継続的なストレスに耐えられなくなっているのです。パンデミックは、農場、工場、倉庫などで施設の閉鎖や労働力の低下を引き起こし、肉や食用油、プラスチックやガラス製の包装材などあらゆるものを不足させる原因にもなりました。

価格が上昇しているのは、COVID-19のパンデミックによる閉鎖状態から抜け出し、景気刺激策で現金を手にした人々の需要が溜まっているからでしょう。

また、一部の国ではウイルスとの戦いの最中であり、特定の商品を通常通り生産できないため、サプライチェーンが混乱し、商品の供給が制限されています。

インフレ率の上昇により、米連邦準備制度理事会(FRB)が低金利政策の撤回を予想よりも早く開始しなければならないのではないかという懸念が高まっています。もしそうなれば、経済が弱体化し、景気回復が頓挫する恐れがある。

しかし、FRB高官とバイデン政権は、インフレ率の上昇は、供給不足やその他の短期的な混乱に対する一時的な反応であり、経済はすぐに立ち直ると繰り返し述べている。

(ここまでです。一部割愛しました。)

3,【まとめ】店舗が食糧危機に備えて備蓄を始める時代。個人でやれることは…

原因が何であれ、供給されなければ、少ない商品を求めて奪い合いになるわけです。それがチェーン店で勃発している…スーパーマーケット間でも勃発しています。

そうなれば、消費者である私達にそのしわ寄せがくることは間違いありません。

色んなものが不足していくことが予測されますが、最近は「種」も不足し始めているというニュースを見かけました。これはアメリカの話です。

さまざまなシードパケットが床全体に広がっています。

なので、是非、今の内に在来種の「種」集めておいてください。集めておいて下さる方が多ければ多いほど、日本の食糧が守られる可能性、食糧不足が小難になる可能性が増えると思います。

冷え取りとやさしい暮らしてくてくさん

ショップリンク↓ ここで在来種のタネ買えます。(最近人気なのか、売り切れが目立ちます💦)

https://hb.afl.rakuten.co.jp/hgc/1fc320d5.f0efe1e3.1fc320d6.95de7d30/?pc=http%3A%2F%2Fwww.rakuten.co.jp%2Ftekutekushop%2F&link_type=hybrid_url&ut=eyJwYWdlIjoic2hvcCIsInR5cGUiOiJoeWJyaWRfdXJsIiwiY29sIjoxLCJjYXQiOiIxIiwiYmFuIjoiNzkxNjk2IiwiYW1wIjpmYWxzZX0%3D

または、郵便振り込みのみ対応になっていますが、在来種のタネ取り扱いの老舗「野口のタネ」さんも、お勧めです。

種苗店では超有名な老舗さんです。↓

https://noguchiseed.com/hanbai/

フランスに続いて、イギリスでも「ワクパス」が強行されつつあります。何といいますか「闇側の焦り」みたいなものを、ものすごく感じます。計画が上手く進んでないのでしょうかね…

しかしながら、フランス、イギリスと来てしまえば、次は間違いなくアメリカです。

アメリカでワクパスが義務化された場合、私達家族は果たしてどうなるのだろうか?と。

打ちません=アメリカに戻れません=駐在、おしまい。。。という流れになるのかな?と、ちょっと思います。

日に日にサバイバル度が増す世界。大難になるか、小難になるかは、今後の一人一人の行動にかかってきそうです。

では今日はこの辺で。

皆さんの健康が守られますように!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です