イラン:停電と水不足発生。市民が抗議し警官と衝突。逮捕者・負傷者の有無は不明。

投稿者: | 2021-07-18
 当ブログの一部、及び全部を無断転載、転送、再編集など行なうことはお控えください。 商用目的ではない個人ブログやYoutubeを含むSNS等での引用は、こちらのブログ元のリンク( https://sonaeru-san.com/ )を明記いただければ、問題ありません。 また、ブログ内でご紹介する製品は、病気の診断、治療、治癒、予防、あるいは生命の保護を保証するものではありません。 商品の選択、ご購入に関しては、ご自身でご判断いただくか、かかりつけ医にご相談して頂きますよう、お願い申し上げます。 

【目次】

1,ニュースの内容

2,これから計画されている(らしい)こと。

1,ニュースの内容

【今回のニュース】

①The standard journal

https://www.standard-journal.com/news/news_ap/article_1df903f2-5b4e-5919-8c3e-3ff75f1e1b08.html

②Alarabia news

https://english.alarabiya.net/News/middle-east/2021/07/16/Protesters-storm-streets-of-Iran-over-water-shortages-police-fire-at-crowds

(ここからニュースの内容になります。)

AP通信の報道によると、イランの都市では多くの市民により、猛暑と干ばつの中発生した水不足に対するデモが行われています。

現在、イランは深刻な電力不足により、計画外の停電が、断続的に発生している状態のようで、テヘランの一部では、計画外の停電が12時間以上に及ぶこともあったようです。

イラン南西部の石油資源が豊富な州では、水不足に怒ったデモ参加者が木曜日の深夜に通りを行進。警察が銃を発砲して群衆を解散させたことがネット上の動画で明らかになりました。

首都アフヴァズを含むフゼスタン州の複数の都市で発生した抗議活動で負傷者や逮捕者が出たかどうかは、すぐには明らかになっていません。

イランでは今月初め、ハサン・ルーハニ現大統領がエネルギー問題に対する政府の誤った対応を認めるという、前代未聞の声明を発表したこともあり、エネルギー問題と水問題の両方がイラン国民の怒りを深めています。

イランの近代的な高層ビルの多くは、停電した場合(エアコンが止まってしまった場合)に対応出来ない設計・構造となっており、建物内の住民は蒸し風呂状態になっています。

現在、ウィーンでの核協議は停滞していると言われており、イランの強硬派聖職者であるエブラヒム・ライシ次期大統領が就任した後の8月までは、7回目の交渉が再開されないことを双方が確認しているようである。

夏の終わりまでには「解決策」が得られると期待されているものの、米国主導の制裁措置も、イランの一般人の生活を、悲惨なものにしていることには違いありません。

また、水不足に悩まされている地域もあり、資源の枯渇が政治的緊張を高めています。

AP通信は最新の報道によると「イランではここ数週間、計画停電が行われているが、これはイランを襲っている干ばつも原因のひとつである。」としています。

実際、昨年1年間の降水量は約50%減少し、ダムの水量も減少しているという状況です。

(ニュースの内容はここまでです。一部割愛しました。)

2,今後計画されている(らしい)こと。

猫と畑とミーチャンネル「とある計画」
【計画の内容一覧】
 ・7月15日から、英国「永久ロックダウン」・・・失敗?延期?

 ・上記↑ロックダウンの理由として「インド・ネパール変異株の蔓延」
 (※インドネパール変異株はただの花粉症?)

 ・変異株蔓延の原因として有力なシナリオは…
 ①ロックダウンに反対する者たちのデモでクラスターが発生
 ②2021フットボール大会でクラスター発生
 ③リゾート地(海、山、テーマパーク)でのクラスター発生
 (変異株蔓延で医療保障制度が崩壊する、という理由でロックダウン。)

 ・2022~23年(計画された)水不足発生
 ・2023~24年(計画された)食糧不足
 ・2024~25(計画された)金融危機
 ・2025~国連、WHO、世界経済フォーラムの計画を遂行して完了。

 ・キャピタル変異株…ロンドン中心に「撒く」

 ・ボーンマス変異株…リゾート地「ボーンマス」に「撒く」
 (※注釈:気候の良いリゾート地はセイフティーハウスを持つのに適していないということでしょうね。災害の少ない不便な場所の方が安全である可能性は高そうです。)

 ・国境変異株…イングランド~スコットランド国境に「撒く」

 ・製薬会社はワクチンの生産に集中しなくてはいけないため「風邪薬」「インフルエンザ薬」「花粉症」等の薬品生産を停止、販売を全面停止。
 
以上。 

私は、このリークされたメール内容は信頼と疑問が半々ぐらいです。こんな「詳細」をメールに記して送信するだろうか?と思ったのです。

特に、メールの最後に「このメールがハックされるようなことは、あってはならない。」とご丁寧に書いてある辺り、ハックされる可能性が十二分にあることを理解しておられる様子。

どうも、ちょっと…うさん臭さが…

もしかすると、リークされたのではなく「リークさせた」のかも知れないな、とも思っています。まあ、審議の程はさておき…

逆に「本当っぽいな」と思った部分もありました。

本当っぽいな、と思ったのは「2022~水不足、2023~食糧不足、2024~金融危機」の部分と「家族にワク珍打たせない者は、財産没収」そして「風邪薬・インフルエンザ薬・花粉症等の薬品生産を停止、販売を全面停止」の部分です。

これは、やりかねない、いや、やるだろうな、と。

水不足、食糧不足は、もう始まっているので、あとはどれぐらい「現状」がもつか?という事だけでしょう。また、日本に関しては「栄養不足」という名の飢餓がとっくに始まっています。

財産没収は見当がつきませんが、日本では「霞が関」で「コロナ特別税」を絶賛検討中のようなので、一般市民(特にワク珍未接種者)は、経済的に苦しくなる可能性が高いです。今のうちに「稼ぐ力」を身に付けておかないと、誰でも出来る仕事は「ロボット」や「接種者」に取られるでしょうね。

そして「風邪薬等の販売停止」とは、少し違いますが、アメリカでは「原材料の高騰・不足」「輸送コスト高騰」などの理由で、すでに供給が不安定な薬品が多数あります。(FDAのホームページに載ってます。)※現在110種が不足の状況です。

私は対策として、ハーブ・薬草のタネを最近買い集めています。自宅の庭で野菜も薬も「育てる」時代なんだろうな~、と。

それにしても「健康は、何にも代えがたい宝」ですね。。。

では今日はこの辺で。

今日も皆さんの健康が守られますように!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です