「打たない人は、SIMカード、ブロックします。」@パキスタン。

投稿者: | 2021-06-16

【目次】

  1. パキスタンで「打ってない人はSIMカード止めます」計画が出ました。
  2. SIMカードの制限に加えて、当局はワクチン未接種の人々が公園、レストラン、ショッピングモールに行くことを禁止する可能性もあり。公務員は給与の停止もあり得る。
  3. 【まとめ】パキスタンは共和制の国。日本は、まだマシですが、万が一そうなるとも限りませんので、代替案を検討する必要もありそうです。

皆さんこんにちは。

今日はこちらのニュースを紹介させて頂きます。

1,「ジャブ(接種)無し、電話無し。。。:SIMカードをブロックするためにワクチン接種を受けていない、とパキスタンのパンジャブ州政府は述べています。」

ジャブなし、電話なし:SIMカードをブロックするためにワクチン接種を受けていない、とパキスタンのパンジャブ州政府は述べています

https://www.rt.com/news/526262-punjab-pakistan-sim-card-vaccine/

パンジャブ州政府は、ワクチンを拒否した人々のSIMカードを無効にする計画を発表した後、Covid-19ワクチン接種プログラムへの参加を増やすための強制的な措置に目を向けています。

極端な決定は、パンジャブ州保健相ヤスミン・ラシッドが議長を務める高官の会議中になされました。

ラシッド氏は、このポリシーにより、「一定期間を超えて」ワクチン接種を受けなかった人が所有するSIMカードが無効になると述べました。 

画像

「私たちは人々にワクチン接種を強制するためにできる限りのことをしています…政府はワクチン接種を受けたくない個人がすでにワクチン接種を受けている人々の命を危険にさらすことを許すことはできません」と、保健大臣はパキスタンのエクスプレストリビューンに語りました。

彼女は、州政府は、Covid-19に対するパキスタンの全国的な対応を調整する国家司令部および作戦センターから正式な承認を受けた後、政策の実施のタイムラインを考案すると述べました。 

パンジャブ州の一次および二次保健局は木曜日に、会議の結果を詳述したツイートでこの措置を発表しました。 

「ワクチン接種を受けていない人々のモバイルSIMSはブロックされる可能性があります」と同局は書いています。

当局は後に計画が前進していることを合図した。 

同紙は、保健省の高官を引用し、パンジャブ州政府はこの政策を実施するためにパキスタン電気通信庁(PTA)に支援を求めると述べました。 

この措置は、接種に関する「否定的な宣伝」に対抗し、ワクチン接種の目標が確実に達成されるように設計されている、とドーンは当局者を引用して報告した。州政府は11月までに4000万人の住民に予防接種を行うことを目指しています。 

2,SIMカードの制限に加えて、当局はワクチン未接種の人々が公園、レストラン、ショッピングモールに行くことを禁止する可能性もあり。公務員は給与の停止もあり得る。

メディアの報道によると、SIMカードの制限に加えて、当局はワクチン未接種の人々が公園、レストラン、ショッピングモールに行くことを禁止する可能性もあります。 

パンジャブ州はパキスタンで最も人口の多い州であり、国の総人口の半分以上と、国で2番目に大きな都市であるラホールがあります。地方政府は3月に予防接種活動を開始しましたが、公衆衛生イニシアチブへの熱意を高めるのに苦労しました。

移動式ワクチン接種キャンプは、ジャブをより利用しやすくするために、州全体の宗教的な神社の近くに配備されています。 

世界中の政府は、予防接種の取り組みを促進するためにさまざまな措置を採用していますが、一部の政策は、ぎこちないまたは手ごわいものとして批判されています。 

米国ワシントン州では、合法的なマリファナ小売業者が、Covidワクチンを少なくとも1回接種した人に無料(合法マリファナを)提供しています。

「ワシントン州、マリファナ無償提供…」のニュース↓

https://www.cnn.com/2021/06/08/us/free-weed-joint-washington-state-vaccinated-trnd/index.html

2016年にシアトルで雑草を祝うパーティーで男性がマリファナのジョイントを吸う。

制限は、人々にショットを強制するためにも使用されています。イスラエルなど一部の国では、ワクチン未接種の市民が特定の場所に立ち入ることを禁じられています。 

パキスタンでワクチン接種に対してより極端なアプローチを取っているのはパンジャブだけではありません。シンド州では、ジャブの受け取りを拒否した公務員の給与を停止する計画が発表されました。 

(ここまでがニュースの内容です。一部割愛しました。)

3,【まとめ】パキスタンは共和制の国。日本はまだマシです。でも…

パキスタン…強硬手段がスゴイですね。日本において、これが起こる可能性は、少ないと思いますが(これをやっては国民が一致団結してしまいます、特に若者が一気に目覚める可能性も!…であれば、やっても良いかも?と少し思ったり。。。)

何にせよ、日本は本当に「まだマシ」です。

ちなみに、アメリカの、少し「おセレブなスーパー:トレーダージョーズ」では、最近、レジが「打った人用レジ」「打ってない人用レジ」みたいな感じに分断されたようです(友人談)。

そのうち、私がよく行く「大衆向けスーパー」でも、同じことやり始めるんだろうか…

さて、話が逸れましたが「携帯が止まってしまったら、さて、どうしようか?」と。

恐らく、仕事に支障が出ますので、収入が減ったりして経済的に困るでしょうね。情報も取りずらくなるので、いわゆる「情報弱者」になってしまう・・・勿論、ネットショップも利用できなくなりますので、物資の調達も難しくなるでしょう…

となると、本当にサバイバルですね。自給自足の準備は進んでいますか?

我が家は着々と準備進めています!

もしかしたら、打った人が、打ってない人に「又貸し」するような、闇ケータイサービス…的なものが出来るかもしれませんね。(893みたいですが…)

日本でこの手の強硬策は出来ないと思いますが、やはり「課税」される可能性が高いと思います。霞が関では「コロナ復興税」をいつから始めるか、大盛り上がりで検討しているらしいので、

打ってない人は「課税率が高い」という事になりそうですね。

そのあたりも見越して今のうちに各ご家庭で対策をしておく必要がありそうですね。

では、今日はこの辺で。

皆さんの健康が守られますように!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です