アメリカのwak陳接種の需要が減少し続け、各地で接種会場の閉鎖が相次ぐ中(地域差有)ジョー大統領(仮)は、wak陳接種促進の為、中小企業への減税を発表。

投稿者: | 2021-04-26

【目次】

  1. wak陳接種への需要不足を理由に、予防接種会場の閉鎖が全米で相次ぐ。
  2. 接種促進の為、中小企業に対し「減税」を発表するジョー大統領(仮)
  3. 【まとめ】アメリカでは約半数が接種したところで打ち止め。世界はこれからどうなるのだろうか…

全米の成人がコロ助wak陳を接種できるようになった、にも関わらず、各地で集団予防接種会場が需要不足を理由に、閉鎖。(地域差あり)

ーー以下、フォーブスよりーー

https://www.forbes.com/sites/alisondurkee/2021/04/21/more-americans-now-eligible-for-covid-19-vaccine-than-ever-but-mass-vaccination-sites-are-shutting-down-over-decreased-demand/?sh=3af9d85f4f6d


フロリダ州パームビーチ郡は、3つの集団予防接種会場を閉鎖し、移動式の予防接種会場を導入。オハイオ州サミット郡は、4月27日に予定されていた集団予防接種用のクリニックの開設「需要の減少」を理由に中止。テキサス州では、ウィリアムソン郡とガルベストン郡で、複数の集団予防接種会場が閉鎖されておりガルベストン郡当局は「wak陳の予約をする住民の数が減少しているため、来週は同郡にwak陳を送らないようにして下さい。」と、州に要請。

今週中に閉鎖を予定している予防接種会場もあります。例えば、ラスベガスとモンタナ州カスケード郡の接種所は先週閉鎖されることが発表され、オハイオ州マーサー郡は4月初めにドライブスルー式の集団予防接種所を閉鎖しました。

テキサス州、アイダホ州、ミズーリ州、アラバマ州、メイン州、メリーランド州でも、接種者数が明らかに減少していることが報告されており「近いうちに」集団予防接種施設が閉鎖されると予測しています。


ニューヨーク・タイムズ紙が分析した米国疾病管理予防センター(CDC)のデータによると、今週水曜日(4月21日現在)の時点で、米国内で1日に接種されたwak陳の7日間の平均値は302万本。先週は、1日あたり約330万本であったため、ここ数日で着実に減少している。

新たな拠点が開設される地域もあります。今週は、バージニア州タイソンズコーナー、イリノイ州レイク郡、メリーランド州ハーフォード郡、アラバマ州ジェファーソン郡、ニューヨーク市などに新しい集団予防接種施設がオープンしています。


3月時点で37%の米国人が、wak陳について「様子を見る」、「必要な場合にのみ接種する」、「まったく接種しない」と回答しており、国民の多くがワクチン接種を躊躇しています。

ジョー大統領(仮)は、接種を促進するための新たな税額控除を発表。

(ーー以下、AP通信よりーー)

https://apnews.com/article/biden-200-million-coronavirus-vaccine-shot-goal-72f81e42d17e7aa9549e36213c9b42a8


ジョー大統領(仮)は、wak陳の需要の減少を克服し接種を促すため、新たな雇用者税控除することや、wak陳接種をする従業員に有給休暇を与えた企業に対しても、減税することを発表しています。

この1週間で、米国での接種ペースはやや鈍化しました。J社のwak陳が、安全性に問題があると発覚した事もありますが、多くの地域でワクチンに対する関心が低下していることも挙げられます。

(一部割愛しました。)

3、打ちたい人は、ほぼ打ち終わった状況のアメリカ。打つ人、拒否する人の割合は、概ね半々。インドやブラジルの二の舞になる予感しかしないが、日々を充実させることに集中しようと思う。

日々、海外のニュースを見て回り、wak陳を「打った」「拒否した」という、その割合に注目しているのですが、私の個人的な見解は「現状、半々…やや劣勢ぐらい、だな。」というものです。

例えば「アメリカの医療従事者は約半数が接種を拒否」しているとか、

https://www.cbsnews.com/news/health-care-workers-covid-19-vaccine-half-not-vaccinated/

「アメリカ軍人の3分の1が接種拒否している」だとか、

https://www.washingtonpost.com/national-security/2021/02/17/vaccine-service-members-refusal/

概ね「打つ」5割強に対し、「打たない」4割強、という感じで「拮抗しているなあ…」と思います。打たない派は、若干劣勢です。

少し話しが逸れますが、大日月地神示によれば、そこには「闇サイドに9分9厘までやられ」て「そこから神世にひっくり返る」という内容が記されています。

それ(神世にひっくり返る)は、10年以内に起こることのようですが、そこまでの道のりは、それはもう「酷いものになる」という事も言われています。

聖書には「艱難時代が訪れる」と記されていますし、クレムナの預言には「WW3」を連想させる内容や「食糧危機」の預言が出ていたりもします。

wak陳の本当の副反応は、打ってから5~10年ぐらい後に発現すると見ています。

つまり、今後5~10年の間に、原因不明の自己免疫系疾患が世界的に流行するのではないかと思います。自己免疫系の疾患は沢山ありますので、どの病気が発現してしまうかは分かりません。

https://ochanai.com/wp/wp-content/uploads/2017/05/4d151f6276a63cef153fccf880a45bd6.jpg

その結果、世界の半数以上の人達が、難病を抱えた後、亡くなってしまうような大惨事が来るのではなかろうか?と、そんなことを思ったりもします。

そんな事ばかり考えていると、本当に気分が滅入ってしまいますね…去年はもう情報取り過ぎて疲労困憊でしたし…

そうなんです、すっごく疲れていたんですよ。

で、ある日「もういいや」と、吹っ切れました。

どんなに怖い情報をみたところで、それに対して悩んでも解決できない事なら悩まない。そして、根も葉もない情報は遮断することにしました。皆さんも個人個人で「線引き」があると思いますが「ここまでは信じられる」みたいな。その線をしっかり引き直し、情報の取捨選択を始めた訳です。

そして、毎日「明日死ぬかもしれないから」ぐらいの気持ちで生きています。その方が全てに優しく、利他的に生きることが出来るなあ、と思ったからです。(いつもでは無いですけどね…)

日々を充実させること。それを積み重ねること。

それらは将来への何よりの備えになる事に気が付いた最近です。

好きな事をやって過ごしましょう!

ユーチューブやテレビを見て過ごすことが、あなたの本当に好きな事では、きっと無いと思いますよ!

では、今日はこの辺りで。

今日も皆さんの健康が守られますように!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です